おきなわワールドでエイサーや鍾乳洞(玉泉洞)を堪能してぶくぶく茶で憩う

おきなわワールド入口

沖縄南部バスツアーの後半です。

前半では、沖縄南部を那覇バス観光ツアーで、世界遺産の首里城~平和祈念公園まで巡りました。後半は、エイサーやハブショー、鍾乳洞の玉泉洞が見どころのおきなわワールドにいきました。

エイサー会場へ

おきなわワールドに到着して、すぐにエイサーがはじまる会場へいきました。

エイサー会場では写真撮影は禁止されています。

おきなわワールドのエイサーはレベルが高いらしく、力強くてとてもテンションが上がりました。

玉泉洞

続いて、おきなわワールドの目玉である鍾乳洞「玉泉洞」にきました。

鍾乳洞内部

階段を使って、鍾乳洞内部の地下奥へと進んでいきます。

外より少しずつ涼しくなっていきますが、そこまで寒くはありません。服装は着替る必要はないと思います。

マイナス2~5℃くらいってところです(私の体感)。

夫婦岩

夫婦岩です。一番最初の写真スポットで少し込み合ってました。

青の泉

神秘的なブルーの泉(そのまんまか)。

鍾乳洞出口

玉泉洞の出口です。

出口までの所要時間は、人にもよりますが約20~25分程。

江の島にもこんなとこがありましたが、規模が玉泉洞の方が全然上でした。

お土産屋さん

鍾乳洞を出るとフルーツ園があります。フルーツ園を抜けると、100年以上経た古い民家を数棟移築して沖縄の町並みを再現した「王国村」があります。

いくつかの家屋の中では、伝統工芸の実演体験ができ、素敵なお土産をつくることができます。

琉球ガラス

例えば、綺麗な琉球ガラスの製作体験なんかができます。

ブクブクー茶屋(カフェ)

歩き疲れたら、沖縄独特のお茶が飲めるブクブクー茶屋へ。

ブクブクー茶

これがブクブクー茶です。本当に泡だらけ(お世辞にもうまいとは言えない)。

ハブショー

おきなわワールド入口では、ハブショーも見られます(私は時間がなく見れませんでした)。

国際通り

さて、バスツアーも終わり、好きなところで降ろしてくれるというので(いつもそうかは知りません)、まだお腹も空いていないし時間が早いので、沖縄国際通りの入口で下車しました。

牧志駅

国際通りを県庁前から牧志駅までブラブラとしてきました。

ホテル日航那覇グランドキャッスルシャトルバス

ホテル日航那覇グランドキャッスル(名称変更:ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城※2016年7月1日~)へは、牧志駅前のバス停からシャトルバスでいくことができます(夕方~夜しか走ってないので注意)。

セリーナ ディナー

夕食は、朝と同じセリーナでビュッフェ。

夕日

ホテル日航那覇グランドキャッスルからの夕陽です。

ブセナテラスの時から、夕日が沈むぐらいに食事をしてみてなかったので、最後に拝んでおきました(いい感じ?)。