ネットで売れるもの売れないもの【書評】

ネットショップの話

インターネットでは売れる商品とどうやっても売れない商品があるという、2年連続楽天市場でNo.1店長に選出された著者竹内謙礼氏が、ネットショップへの豊富なコンサル実践例をもとに「売れる商材・売れない商材」の見分け方を伝授してくれる本です。

竹内さん運営ブログ:週刊竹内謙礼のボカンと売れる講座

ネットで売れるもの 売れないもの 増補改訂版―商品選びで成否の8割が決まる (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥778から
(2014/6/25 18:26時点)

私の感想

もしもドロップシッピングのイベントで、本書を竹内さんからいただいたので、ようやく時間ができたので、感想を書きます。

ズバリいえるのは、楽天市場にこれから出店する人、出店したばかりの人は、絶対に読んだ方がいいです。

経験に基づく広い知恵をいただけるし、私も経験者なのでわかるのだが、楽天の営業マンが絶対にいわないようなこともズバズバといってくれているので、本当のノウハウを知ることができるはずです。※何十万~何百万円という無駄遣いを防げる。

また、アフィリエイトやドロップシッピングを行う人も、広いジャンル知識(広告主側の動向)を得られるので、日々の活動の基礎知識として役立つはずです。

ただ、かなり幅広いジャンルを解説しているので、突っ込んだノウハウというのはそこまで期待しないでください。

まあ、突っ込んだノウハウは自分で得るものですので、十分な情報量であると私は思います。

かなり厳しい本です

ネットビジネスで成功することが、非常に厳しいというのがガンガン伝わってくる本です。

私も楽観視は全くしていないので、おおむね本書と同意見ですが、PPCの習得期間をはじめ、現実はそこまで難しくないですよってことも、いくつかありました。

楽天出店するならコンサル頼んだ方がいい

私が深く精通するジャンルに関しては、少し見解が違う部分もありましたが、竹内さんの広い見識には脱帽。

もし、いい商品が見つかって、楽天市場に出店するならば、絶対にコンサルを申込みたい。

一度しか会っていませんが、本書を読んだ方なら分かると思うが、この業界では、数少ない非常に信頼できるコンサルタントの一人だと思います。

なお、アフィリエイトやドロップシッピング歴の浅い人が読むと、変な勘違いをおこしてしまいそうなので、本書はあくまで、ネットショップを出店する人という立場で読んだ方がいいと思います。

売れる売れないものは、アフィリエイトやドロップシッピングにそのまま通用しないものもありますしね。

あくまで、広告主が本書のような状況でどういった行動をとるであろうかを推察することが、我々、アフィリエイトをするものにとっては重要であり、そういった見方をすると本書は多くの気付きを与えてくれます。

以上、安いのに下手な情報商材を買うよりも非常に役立ちます(比べるのも申し訳ない)。ネットショップを運営するものをテーマにしているので、アフィリエイターやドロップシッパーからすると異なる情報もあるが、それを理解出来た上で、読めるだけの力を持つ人ならば、価値を持つことでしょう。