ネット副収入サイトを使って稼ぐ方法

副収入中級コース

中級コースでは、TVや雑誌で話題の在宅で仕事を請負い副収入を得ることができるクラウドソーシングで稼ぐ方法を解説します。

クラウドソーシング(Crowd Sourcing)とは、不特定の人(クラウド=群衆)に業務を外部委託(アウトソーシング)するという意味の造語で、インターネット時代の新しい雇用形態と呼ばれています。発注者(クライアント)がオンライン上で受注者を公募し、仕事を発注することができるサービスとして、近年大きな注目を浴びています。

クラウドソーシングサービスは、2013年には91万人以上が利用しており、中には高度なスキルが必要な仕事もありますが、特別なスキルがなくてもできる仕事も豊富にあるので、主婦、学生、会社員のプチ副業として人気を集めています。

また、在宅ワーカーやフリーランス会社に属さずに生活していけるプラットフォームとして注目されています。

クラウドソーシングの一番の魅力は、いつでもどこでも好きな時にネット上で仕事を受注しすぐにお金が稼げることです。

ネットで稼げる副収入サイトを活用

それではクラウドソーシングでの副業をはじめましょう。

利用するサイトはすべて無料で利用できます。

必要なものは「メールアドレス」「振込口座」のみです。

振込手数料が安い楽天銀行 に口座を開いておくとお得です。

なお、クラウドソーシングサイトはたくさんありますが、サービス・システムが安心でき、お仕事の案件数が豊富な2つのクラウドソーシングを推奨します。

「メールアドレス登録」→「メール受信確認」→「本登録」という流れで、登録は簡単にできます。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは、お仕事登録総額207億円、登録者数19万人以上を誇り、官公庁や上場企業からの依頼も多い国内最大クラスのクラウドソーシングサイト。

初心者向け~プロ向けの仕事が偏りなく豊富にあり、経験を積みながら稼ぐことが可能なため、利用者からの評判も非常に高いです。

ですので、はじめての方は、クラウドワークスの短時間・スキルなしで実践できる「タスク形式」のお仕事(データ入力、データ収集、記事執筆など)からはじめて稼いでいくといいでしょう(クラウドワークスの詳細はこちら)。

クラウドワークス公式サイト

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズは、依頼総額429億円、登録者数45万人以上を誇る、ランサーズ株式会社が2008年から提供する古参のクラウドソーシング。

全141種類の仕事が常時1000件以上登録されている、クラウドワークスと並ぶ業界屈指のサービスを提供しています。

ですので、クラウドワークスとランサーズを併用すれば、自分に合った仕事をより見つけやすくなるでしょう(ランサーズの詳細はこちら)。

ランサーズ公式サイト

シュフティ

シュフティ

シュフティは、株式会社うるるが2007年からスタートした運用実績が長く、安心できるクラウドソーシングサイトです。

名前の通り、主婦がスキマ時間に実践しやすい事務作業、ライティングの仕事が豊富にあります。

ですので、ライターの仕事を中心に稼いでいきたい初心者には外せないクラウドソーシングサイトです(シュフティの詳細はこちら)。

shinobiライティング公式サイト

クラウドソーシングサイト一覧(早見表)

初心者の方は、クラウドワークス、ランサーズ、シュフティ以外は利用しなくてもいいと思いますが、主なクラウドソーシングサービスをまとめましたので、今後の参考としてご覧になってみてください。※登録・利用はどこも無料です。

サイト名案件の難易度案件数
クラウドワークス 初心者向け~プロ向け多い
ランサーズ 初心者向け~プロ向け多い
シュフティ 初心者向け多い
shinobiライティング 初心者向け普通
Job-Hub プロ向け普通
Sagoooワークス プロ向け少ない
CROWD(げん玉)初心者向け少ない

「初心者向け」案件とは、記事作成やデータ入力、アンケート、体験談、感想などの誰でも実践できるものです。

「プロ向け」案件とは、WEBサイト制作やアプリ開発、ロゴ作成、Webデザイン、Webプログラミングなどのパソコンスキルを伴うものです。

クラウドソーシング利用者は、お仕事を選択して受注できるので、特別なスキルがなくても自分が得意な簡単なものからはじめることができます。

なお、案件数は多いに越したことはありませんが、自分ができる案件が少ない、もしくはなければ意味がありません。

各クラウドソーシングを見比べ、自分のスキルに合った案件が豊富にあるサービスを利用するといいでしょう。

CROWDは、初級コースで紹介したげん玉に登録していれば利用することができます。

頑張れば目標20万円も夢じゃない

初級コースと中級コースを実践すれば、多くの人が数万円程ならば短期間で稼ぐことができるはずです。

努力次第では、お小遣いサイトとクラウドソーシング活用で、20万円以上を稼ぐこともできるでしょう。

実際に、月20万円以上をお小遣いサイトだけ、ライター作業(クラウドソーシング)だけで稼ぐ人はいます。

つまりは、特別なスキルを持たなくても、在宅で月20万円の副収入を多くの方が稼ぐことができる可能性があります。

ましてや、パソコンスキルを持っていれば、高額な「プロ向け」案件で、それ以上の報酬をクラウドソーシングで稼ぐことも夢ではありません。

しかし、毎日、作業できる人ばかりではないでしょう。

ですので、まずは欲張りすぎずに、自分のペースでスキルに合った案件を楽しみながら実践して、数万円を稼ぐことを目標にするといいでしょう。

はじめから張り切りすぎると長続きしませんからね。

なお、クラウドソーシングでの稼ぎ方は、入力を伴う作業が多いので、スマホだけで稼ぐのは不可能ではありませんが難しいです。

スマホだけで副収入を得たい方は初級コースを実践しましょう。

パソコンが苦手な人へ

ここまで初級・中級コースで、パソコンを使ってお金を稼ぐ方法を解説してきましたが、どうしてもパソコンでの作業が苦手という人もいるでしょう。

ですので、そういった方でも挑戦できる、手作業での内職を学び、副収入を得る方法を紹介します。

下記に、趣味から始めて実になる手作業内職をまとめましたので、気になるものがあった方は、無料資料請求(画像リンク先参照)をして、詳しく仕事内容を確認してみるといいでしょう。

学べる手作業内職