アフィリエイトで失敗する人の10の理由

failure

アフィリエイトで失敗する人は非常に多い。

爆発的に稼げる人が一方でいるのに、全く稼げない人が大多数なのは一体どうしてなんでしょうか?

理由としては、以下にあげるようなものがあります。

  1. やる気がない
  2. 根拠のない自信
  3. アフィリエイトを甘く見てる
  4. 他人の意見を聞かない、素直じゃない
  5. 思考が停止している
  6. 実行力がない
  7. 忍耐強くない
  8. 多少のリスクもとれない
  9. いいわけが大好き
  10. 情報識別能力が低い

どれも、基本的なビジネス思考がある方ならば、問題なく行わないことであるのだが、失敗する人を見ていると実に多いです。

なお、各言う私も最初はアフィリエイトで失敗をしております。

アフィリエイト失敗談(失敗例)

失敗しているので、当然、サイトはもうないのだが、初期の私は上の失敗する理由のうちの「根拠のない自信」「アフィリエイトを甘く見てる」そして最も重要な「情報識別能力が低い」が欠如していた。

情報をうまく見極めることができないがために、全く稼げそうにないジャンル(キーワード)に手を出したり、良くもない商品を無理くり薦めたりするゴミのようなアフィリエイトサイトを作っていた。

良くもないものを紹介、アクセスも集まらないキーワードでコンテンツを作ると、効率悪く、全く稼げませんでした。

書店で数冊の本を読み、ネットでちょっと調べたくらいで稼げると「根拠のない自信」を持ち、甘く見過ぎていたんですよね。

アフィリエイトで稼いでいる人は、ビジネス思考を持ち、本気で取り組んでいます。

それなのに、ビギナーが、かじった知識で取り組んでも、すべてにおいて秀でている既存のアフィリエイターに勝てるわけがないんです。

必ずしも絶対に既存アフィリエイターと競うわけではない。

アフィリエイトは誰もが稼げる可能性はありますが、常にライバルが生まれる可能性がある競争の激しいビジネスでもあります。

初心者が失敗せずに勝ち上がるには、ライバルに負けない努力をし、知識、行動力で勝たなければならないのです。

ですので、そもそもやる気がない人や、後からはじめるのに行動出来ない人には私はアフィリエイトを薦めません。

失敗することが目に見えてますからね。

というか、失敗というか挫折といった方がいいでしょうね。

そういった方は、思考停止していても数千円稼げるかもしれない、ポイントサイトでのアプリダウンロードをするとか、ネットの世界での労働者として、WEBライターの仕事に取り組んだ方がいいでしょう。

WEBライターをして、コピーライティングの力や業界のことを深めるというならば、賢い行動かもしれません。

失敗しないためには

最も簡単な方法は、やる気を持った上で、使えるツールを手にして、先人の知恵を得ることです。

ただし、アフィリエイトで稼ぐなら、WEBで稼ぐために重要なことをしっかりと理解した上で、信用出来る先人の知恵を学んでいってください。

情報識別能力が低く、言葉が悪いですが「屑アフィリエイター」の姑息な勧誘に引っ掛かるようでは、失敗は目に見えています。

先日、某ASPの方と話した時に「本物志向」という言葉が、会話の中で出ました。

この業界では私が実践・提唱している「本物志向」とASPが考える方法と、邪道や邪道にも値しないものが溢れています。

初心者の方に「本物」を見分けよ!

というのは、正直なところ、かなり難しいでしょう。

1、2年の実践を積んで、数十万円を稼ぐようになって、ようやく見えてくることなのかもしれません。

このようなことも、9割以上の人がアフィリエイトで失敗する理由なのかもしれません。

なお、失敗することが悪いということではないと私は思います。

私もアフィリエイトで失敗をして、そこから正解を見つけて今に至ることが出来ました。

失敗しなければ、もっと早く成果を出せたかもしれません。

しかし、失敗する人の思考を理解する今のような状態になることはできなかったでしょう。

ですので、アフィリエイトで稼ぐ方法を教える現在の立場として、結果として過去に失敗したことが私には財産となっています。