アフィリエイトブログの収入平均やアクセス数との関係

revenue

今日は、副収入として大人気のアフィリエイトブログでの収入平均やアクセス数との関係性について解説します。

まず、勘違いしている人が多いので、ハッキリ言っておきます。

アクセス数があるブログは、お金を稼げる可能性が高いのは間違いないですが、必ずしもアクセス数とアフィリエイト収入が絶対的な関係はありません。

「アクセス数=収入」ではない。

よく「10万ページビューのアクセスがあったらいくら稼げますか?」等の質問を見聞きしますが、それに対する数値的な答えはないです。

人、ジャンル、商品、サービスによって収入は異なります。

たとえば、月間に500人ほどしか来ないサイトでも、月に20万円以上の収入を得ることは可能です(実際に私が体現してます)。

また、非常に多くのアクセス、月間50万人が来るブログでも(やり方が悪いとかでなく)、ジャンルや方向性等によっては、20万円を稼げないこともあります(トレンドサイトとかはこういう人が多いでしょう)。

一見すると、後者の50万人が来るサイト運営者は、非常に効率の悪い感じがするかもしれないが、そうではない場合もあるのです。

アクセスを集めやすいジャンルもあれば、そうでもないジャンルもある。訪れる顧客の成約率も商品やサービスによっても異なる。

ですので「SERP上位表示しているのに、アクセス数が少ない」と嘆いているアフィリエイターの方は、アクセスという数値に決して捉われすぎないで欲しいです。

といっても、アクセスを集められるジャンルなのに、アクセスを集められないというのは問題です。

収入平均に関して

多くのASPや業界団体から、アフィリエイターの収入平均が発表されることがあります。

参考として、把握しておくのはいい事です。

しかし、アフィリエイトを行うアフィリエイターは各ASPに帰属する社員ではありません。

企業別や業界別の収入平均を出すように、アフィリエイターの収入平均をはじき出し、同義のように認識することは誤ちです。

一般企業ならば、初任給18~20万円等の最低限の基準があります。

ですが、アフィリエイトでは、何年たっても0円の方、1年目から数百万円の月収を稼ぐ人など様々です。

そして、収入の偏りは、一般企業とは比べ物になりません。

0か100かというぐらいの偏りがあるのです。

ですので、アフィリエイトの収入平均は、業界団体の調査でも、毎回、まちまちの調査結果がでてしまうのです。

間違った方法や考え方の人や努力をしない方は0~5000円未満。正しい方法を身につけて努力をした人は青天井で稼げる可能性がある業界であるとアフィリエイトは認識すべきでしょう。

最低限のアクセス数は欲しい

アクセスに捉われなくていいといっても、0ならば、当然に収入は0です。

私がいいたいのは、単純な数値としてのアクセス数に捉われることからの脱却です。

よく、ご自身の運営するアフィリエイトブログのジャンルを認識して、そのジャンルの、どのターゲットキーワードでアクセスを集めれば、どれだけのアクセスが得ることができ、収入を得ることができるかを認識することが大事です。

ジャンルとして来るはずもないアクセスを求めてもしょうがないです。

集めたアクセスがどのように収入へと繋がるのか、収益化の導線を意識してブログ運営をしてください。

アフィリエイトでの収入は、アクセスよりも、業界、アフィリエイトジャンルに対する深い理解が重要です。

誰も来なければ意味ないですが、深い業界の知識を有して情報発信していれば、必然的にアクセスを集められる可能性は高いです。

ですので、それだけで稼げるとはいえませんが、よくあるアフィリエイト系の書籍に書いてある「興味のあるジャンル、得意なジャンルでブログアフィリエイトをはじめよ!」というのはあながち間違ってはいません。