アフィリエイト収入のまとめ~税金、確定申告、消費税等

tax

これからアフィリエイトで収入を得ようという人に向けた税金のお話を今日はしたいと思います。

「知りませんでした」ではすみませんので、お金を稼いだら、確定申告をして納税しましょう。

税金はいくらかかるの?

アフィリエイト収入による税金は、申告金額に依存します。金額によっては、場合によっては税金がかからないケースもありますので、正しい知識をつけて申告しましょう。

例えば、年間のアフィリエイト収入(売上げ)が50万円でも、経費(サーバー代等)に20万円かかるのならば、30万円に対して税金(所得税+住民税)がかかります。

所得=収入-必要経費
課税所得=所得-控除

細かい所得税や住民税の計算は、国税庁のHPや市町村のHPを見れば確認できますので、ここでは割愛しますが、アフィリエイト収入は本業の場合「売上げ」として、副業(サイドビジネス)の場合「雑収入」として処理する必要があるということを覚えておいてください。

つまり、アフィリエイターは、一般の個人事業主と何ら変わらないので、開業届けを出して、利益が多く出るようならば以下のような対応をとった方がいいです。

  • 青色申告をする(65万円控除)
  • 小規模共済加入(最大84万円の節税)
  • 経費の計上(適当なそれ系の本を一冊読もう)

また、収入や事業展開の方法によっては法人設立。儲かり続ける事業が複数あるならば、複数の法人設立ということも視野にいれましょう。

なお、収支の内訳がはっきりしていれば、個人事業主と法人経営は共に行えます。

アフィリエイト収入の確定申告

アフィリエイトによる所得が38万円以上(サラリーマンの副収入の場合は20万円以上)は税金を納めなければなりません。

年間所得が20万円以下でも、住宅ローン控除1年目や、医療費控除を行い税の還付を受けたい場合は、確定申告が必要です。
※医療費控除は家族全員の医療費が10万円以上かかった場合に、還付を受けれられます。

アフィリエイト収入にかかる税金

アフィリエイト収入には、稼いだ金額によって、以下のような税金がかかります。

  • 所得税
  • 住民税
  • 個人事業税
  • 消費税

消費税の支払い義務

アフィリエイトでも、年間売上げが1000万円を超えた場合、消費税を納税する義務が発生します。

実際の納税は、1000万円を超えた年の翌々年です。

なお、所得税等にもいえますが、海外在住や海外ASPからの報酬の場合は税金の支払い内容が変わってきますので、よく確認しましょう。

細かい税金ルールに関しては、しばしば法律改正もありますので、厳密に税金のシュミレーションをしたい方は、国税庁ホームページで確認した方がいいでしょう。※海外在住のアフィリエイターは在住する国での納税を調べましょう。