初心者でも使えるアフィリエイトサイト作成ツール

アフィリエイト初心者の質問

今日は、初心者でも使えるアフィリエイトサイト作成ツールについて解説するよ。別にアフィリエイトサイトを作るという用途に限らず、趣味サイトを作るとかで利用してもいいんだけどね。

裏技ツールのテンプレートが使えるWordpressですよね?

そうだね。今では、Wordpressはもっともメジャーなアフィリエイトサイト作成ツールといってもいいだろうね。

でも、アフィリエイトに限らずだけど、サイト作成ツールというのは、他にもいっぱいあるんだ。

Dreamweaver、ホームページビルダー、MT、無料どころだとjimdo、wixってところか。後は、有料だと、裏技ツールと同じくテンプレートだけど賢威やMTの仕様に近い感じがするSIRUSってところだな。

そんなところだね。

テンプレートだけの話をすれば、裏技ツールや賢威だけでなく、中身的にすごく優れたテンプレートっていうのは、無料、有料とはず実はすごくいっぱいあるね。

でも、HTML構造をよく理解していないアフィリエイターでは、それを見分けることができないだろうね。

そうだな。

古い形式ともいえるものをSEOに強いとか勘違いしているアフィリエイターもいるからな。

俺もそうだけど、最近では、最先端のデザイナーは当たり前のようにHTML5、CSS3、レスポンシブWEBデザインを駆使してサイト作成しているよな。

海外のテンプレートなんかは、ほとんどHTML5×レスポンシブWEBデザインが主流だ。最近では、SIRIUSがようやくレスポンシブWEBデザインにしたけど、追加料金とられるからな。ソース構造も気になるしな。

そうだね。でも、裏技ツールもそうだけど、日本でも今じゃHTML5×レスポンシブWEBデザインのWEBサイトは増えたよ。

WordPressのデフォルトテンプレートはもちろん、多くの技術力の高い有名ブロガーサイトは、ほとんどHTML5×レスポンシブWEBデザインに移行しているね。

そうだな。HTML5はここ数年、業界での大きな関心事のひとつだからな。

レスポンシブWEBデザインに至っては、Googleが推奨しているわけだから、アフィリエイターとしては移行しない理由がないよな。それに、長い目でみてサイトのメンテナンスや管理はレスポンシブの方が優れているよな。

そうだね。企業ホームページのようなビジュアルをそこまで求めないアフィリエイトサイトならば、若干のデザイン制約があるといわれるレスポンシブWEBデザインでも全く問題ないよね。

初心者アフィリエイターにとっても、ブログやホームページをするユーザーにとっても、よっぽどの理由がない限り、レスポンシブWEBデザインを活用しているサイトの方が使い勝手がいいよね。

それに、W3Cが提唱するセマンティックWebを実装するには、HTML5でのサイト作成も重要だといえるね。また、セマンティックWebを実現するにあたって、アフィリエイトサイトでどこまで実装するかは微妙な話だけど、構造化データを伝えるマークアップも今後は積極的にしていくことが重要かもしれないね。

そうなんだよな。だから、初心者アフィリエイターが大好きなSIRIUSでのサイト作成は俺はあまりしてないな。

どうしても、構造とかにもこだわりたいから、裏技ツールのものか海外サイトから引っ張ってきて使ったり、自分で作ったりするな。

ドS男くんぐらいのスキルがあるのは理想的だけど、HTML、HTML5、CSSをしっかり理解していないと、海外テンプレートを使うのは厳しいよね。

その点、SIRIUSやjimdo、wixなんかは活用しやすいよね。

でも、ドS男くんだと、理想のHTML構造にカスタマイズするだろうから、かえって手間がかかっちゃうだろうけどね。

そうなんだよな。でも、少し勉強すれば、S子だって扱えるぐらいだから、誰でも使えるようになるんじゃないか?

それはそうだね。WEBの技術とかって難しそうに思えるけど、最低限のことを実装するぐらいなら、初心者でもすぐに必要な知識は身につけられるよね。

そうですよね。サイト作成ツールの使い方を覚えるまでは、マニュアル見たりで勉強が必要だったけど、設定の仕方さえ覚えちゃえば、どのツールも後は記事を書くだけだから簡単ですよね。

でも、カスタマイズはできないかな。

うんうん。そうだね。でも、話は戻るけど、アフィリエイトの場合だと、多くのサテライトサイトを作ったりすることもあるだろうから、いろんな構造のWEBサイトを持つこと(持てること)は、プラスに働くかも知れないね。

そうだな。俺もその辺は上手く使い分けられるようにならないといけないかもしれないな。構造化データに関しては、どうしても疎かになってしまうけど、ドロップシッピングで活用していったら、一歩抜き出たサイト運営ができるかもしれないよな。

そうだね。現状、そこまでのことをやっているドロップシッパーはいないだろうからね。作業工程は増えてしまうけど、検索エンジンに他のサイトとの明らかな違いを打ち出していけるかもしれないね。

それにしても、サイト作成ツールは、昔と比べるとどんどん簡単になってきているよな。jimdoやwixなんかは、直観的にサイトが作れるから、簡単に見た目がいい企業ホームページを作りたい中小、零細企業向けのような気がするな。

アフィリエイトで使うとすれば、サテライトかぺラサイトでの活用ぐらいに限定されるかもしれないけど。

そうだね。

サイト作成をするなら、第1にWordPress、第2にサテライト中心でMTやSIRIUSっていうのが理想なんじゃないかな。

そして、サイト製作環境としては、Dreamweaver、ホームページビルダー(ワードプレス連携が可能)、Sublime Textってところだろうね。

慣れれば、Sublime Textが最速かな?好き好きがあるとは思うけど。

でも、初心者アフィリエイターは、当面の間は、WordPressのビジュアルエディタでのサイト運営でいいだろうね。

プラグインを導入して利用すれば、十分に使い勝手をよくできるし、何より初心者にとっては、WordPressの環境を理解することが最優先だから、更に外部のWEBオーサリングツールを使えるようになるのは少しハードルがあがっちゃうよね。

そうなんですね。少し安心しました。では、1年ぐらいは今の環境でサイト作成をしていこうと思います。そして、来年には、知識、技術を高めてより早くサイト作成が出来るように、外部ツールも活用できるようになりたいと思います。

うん。それでいいと思うよ。できることから無理をせず行って、正しい構造の発信の仕方を身体に染みつくぐらい実践していくといいよ。

あ~。今日は割と濃い話だったから、いっぱいしゃべっちゃったな。今後のアフィリエイト活動をどういう形で進めていくか、この機会に整理しとくかな。

今日のまとめ

結論をいってしまうと、初心者がアフィリエイトで利用する一番のお薦めサイト作成ツールはWordPressです。使い勝手はもちろん、初心者でも、簡単に導入できるし、何か分からないことがあっても、利用者が多いので、大抵のことはネットで調べればわかります。なお、利用するテンプレートに関しては、理想をいってしまえば、正しい知識を備えた上で、アフィリエイトサイトにあったものを自作するのが一番でしょう。ですが、初心者のうちは、テンプレート(テーマ)を自作することは難しいはずです。ですので、基準として、レスポンシブWEBデザインであること、正しいHTML構造を伝えられるテンプレートであるかを確認してください(それが分かるぐらいは勉強した方がいい)。有料か無料であるかは関係ありません。そしてその上で、見た目的なこだわりを出したければ、カスタマイズできるだけのスキルを身につけていくといいでしょう。