治験バイトは高額?危険性の真相

病院

皆さんは治験バイトというのをご存知でしょうか?

治験バイトとは、発売前の新薬投与の実験台になるちょっと変わった仕事のことです。

バイト代は日払いで貰えるものから、入院して数日間にあたって新薬投与を受け報酬を得る場合もあります。入院日数や案件次第では数十万円を稼ぐことができ、高額報酬を見込めるため、治験バイトはネットで話題となって人気を集めています。

報酬は日給換算で約2~3万円と大変高額です。

治験バイトは一般的な求人情報誌に掲載されたりせず、クローズ案件としてネット上で募集されます。

ですので、治験バイトを実践したい方は、ネット上からお近くの病院・施設の治験募集が出ていないかをチェックして申込む必要があります。

危険はないのか?

基本的には、治験で投与される新薬は幾度も実験を重ねた上のものですので、安心できるものであると思いますが、薬には副作用が付きものです。

既に販売されている医薬品にいたっても、効果と副作用が記載されていますよね。

ですので、危険性が100%ないというわけではないでしょう。※新薬治験は国からの認可を取得するための必要過程なのです。

自己責任

過度に危険性を煽るものではありませんが、治験バイトを行うには、慎重に判断して行いましょう。まずは、実施する団体や契約内容をよく確認して、しっかりと安心して出来る場合のみ行うべきです。

なお、治験バイトは社会貢献に役立つことであり、相応の対価を貰うに値する行動です。高額報酬をもらったからといって、後ろめたい気持ちになるような行為ではありません。

参考サイト

まとめ

治験モニターは、医学発展のために必要不可欠なことであり、立派な社会貢献ができる仕事です。報酬が高いのは、寝ている時間も食べている時間も仕事の時間とされているからと考えれば妥当な金額であると認識できるでしょう。といっても、薬というのは、何度もいいますが100%安全というわけではありません。副作用はもちろん、服用を誤れば人体に害も及ぼします。