集客こそがドロップシッピング成功の鍵

さて、当たり前なタイトルをつけてしまいましたが、ドロップシッピングで成功するには、売れるショップを作成できたら、あとはいかにサイト集客ができるかにつきます。→サイト作成については前回参照

ドロップシッピングで成果を出すには、「リサーチ」→「ショップ構築」→「集客」という3ステップを踏む必要があります(詳しくは書籍参照)。

そして、その中で「集客」が最も重要です。

「リサーチ」「ショップ構築」が重要でないということではない。

ですので、稼ぐためには集客術を身につける必要があるのです。

具体的な手法は、無料で実践できる範囲は私の本に書いてますし、更にステップアップした集客術は裏技ツールで解説しています。

1に集客・2に集客!3・4がなくて、5に集客です!

稼ぐには、いけてるショップ作成が一番重要と思いがちですが、ある程度の体を成したネットショップならものは売れます。

顧客ニーズにショップを合わせていれば多少汚いサイトでもOK!

もっと大事なことは顧客を集めること。

百貨店(ネットなら楽天やAmazon)にお店があれば勝手に人が集まりますが、露天(あなたのドロップシッピングサイト)は宣伝しないと人は来ません!

人が来なければ、如何に綺麗なショップを作っても無駄です。

ですので、手と頭を使い、環境の整備された立地(検索上位)にお店や集客サイトが出店できるように努力することが、ドロップシッピングでの最大の仕事です。

まとめ

今日は、ドロップシッピング(アフィリエイト)で最も重要なのは集客であるということをくどくどしく伝えました。

露出してこそ物は売れる。

ネットショップでの細かい売るテクニックを考えるのは集客のあとです。

経験もないのに、頭ごなしにテクニックを詰め込んだショップを作成しても、顧客ニーズを確実に捉えるネットショップはできません。

集まった顧客の行動分析を踏まえてショップ改善・構築をすることが、正への道を開いてくれます。

ですので、まずは人を集める集客術を身につけ実践することが大事です。

途中、イラつくような言い回しをしてしまいましたね。すみませんでした。

また、販売書籍とツールに丸投げするという愚行をお許しください。