もしもドロップシッピングのサイト作成方法の理想

もしもドロップシッピングには、サーバー、ドメイン含むショップできすぎくんという無料で使えるサイト作成(ネットショップ構築)ツールが存在します。

ですので、ショップできすぎくんを利用すればサイト作成が手軽にできます。

ですが、もしもドロップシッピングのサイト作成方法は、ショップできすぎくん以外にも存在し、ショップできすぎくん以外のツールも多くのドロップシッパーに利用されています。

一体どのテンプレートやツールが、もしもドロップシッピングのサイト作成方法として良いのでしょうか?

今日は、理想のドロップシッピングサイト作成方法について解説します。

WordPress・Jimdo・siriusについて

もしもドロップシッピングのサイト作成方法として、WordPress・Jimdo・siriusを検討する人がいるようです。

特に、WordPressについて気になっている人は多いのではないでしょうか?

WordPressは無料で使え拡張性も高い優れたCMSです。

使いこなすことができれば、ドロップシッピングでの成果を飛躍させることができるのは間違いありません。

ですが、初心者のサイト作成ツールとして利用するには注意が必要です。

なぜなら、初心者には、WordPressをドロップシッピングにどのように活用すべきかがまだわからないため、全く価値を持たないツールを「なんか良さそう」と感じて購入・導入してしまうおそれがあるからです。

ツールの選別は、ある程度の実践経験を積まなければ難しいです。

ですので、ツールの良し悪しが選別できるまではショップできすぎくんを使うことを推奨します。

ショップできすぎくんは、もしもドロップシッピングの中の人が開発しており、よく考えられているツールです。

使い手によっては、魅力的サイトが作成できるだけのシステムを充分に持ち合わせています。

ですので、はじめはショップできすぎくんを使いながら、理想的なサイトとは何か?売れるショップに必要なことは何か?を模索してみるといいでしょう。

外部ツールを利用してステップアップ!

ショップできすぎくんだけでも成果は出せます。

しかし、上位ドロップシッパーが外部ツール(私も自前ツールを使ってます)を利用するのには、それなりの意味があります。

ですので、ショップできすぎくんでのショップ運営に慣れたら、より売れるショップを目指し外部ツール導入というステップアップを検討してもいいでしょう。

なお、深く調べればわかることですが、もしもドロップシッピングで成果を出している人は、ショップできすぎくん、WordPress、独自ツール、SIRIUS、HTMLサイトと、私を含め使用ツールがバラバラです。

つまり、自分の目的に合っていれば何を使っても構わないのです。

まとめ

全く使えないツールも見受けますが、私はいくつかのドロップシッピングツールを用いることが売上げ向上に効果的であると認識しています(私が使用しているツール以外にもあります)。

ですが、優れたテンプレートやツールがあれば稼げるわけじゃありません。

何を使うかっていうのはもちろん重要ですが、誰が使うかっていうことがそれ以上に重要です。

そして、作られるサイトは、顧客が魅力を感じるかということが最も重要です。

つまり、顧客ニーズにショップを合わせるためにサイト作成はすべきであり、そのために使用するツールを選ぶのです。

顧客が求めているのものは何なのか?

それを知るには実践経験を積むしかありません。

顧客ニーズを捉えることが、理想のサイト作成を生むのです。