情報起業初心者が騙されたと嘆く前に知ること

情報

情報商材を買って騙されたと嘆く人が後を絶たない。「簡単に、誰でも、すぐにお金が稼げる」と謳う情報に踊らされて購入してしまうのだ。

皆さんはこの現実をどう思いますか?

腹が立ちますか、こういった情報を売る人を許せませんか?

私は、詐欺情報を販売する人を許せないし、微力ながら、少しでもそういった人が立ち入れない世界を構築したいと考えてます。

そして、僅かながらの抵抗をこの記事などでしています。

・・・私のキレイ毎はこのくらいにして。

本記事では、情報商材・塾で騙されたと感じる人がいるという事実とその存在を知ってもらえればと思います。

「そんなの知ってるよ~。どこの誰が騙されるんだよ」って多くの人は思っているかもしれません。ところが、騙されないと高をくくっている人ほど、知らずのうちにコロッとはめられてしまいます。

目次

  1. 何故騙されてしまうのか?
  2. 情報起業は悪
  3. 馬鹿にされるな
  4. 情報起業家になる
  5. 情報はどこで売るの?

1.何故騙されてしまうのか?

何故、ネット上で必要な情報を集めることが出来る時代になったのに、騙される人が後を絶たないのでしょう。それには、「ステマ(ステルスマーケティング)=やらせ」が横行していることが原因であるといえるのではないでしょうか。

情報起業家の情報商材は、アフィリエイトをして紹介することができます。

紹介すると高額報酬が貰えるので、多くのアフィリエイターが詐欺情報であっても、お金欲しさに屈折した情報を広めています(全ての人ではない)。

そのため、悪い情報(真実)はネット上には書きこまれず、購入商材に対して騙されたと感じた人でさえも、「コレを購入すれば間違いない」と太鼓判をおしてしまいます。

いくら調べても、いい情報しかなければ、情報検索能力が高い人(騙されないと思っていた人)が良品であると感じ購入してしまうのです。

架空かもしれない成功者の数々を見て購入しているので、稼げなくて「なんかおかしい」と思っても、自分が悪いと思ってしまうことでしょう。

正しい情報を調べられる見極められると高を括っている人こそが、騙されてしまうのはこのような背景があります。

2.情報起業は悪

情報起業をすることは「悪」ではありません。

役立つ情報を提供して、それを必要と感じた人から対価を貰うことは当然です。

宣伝通りならば・・・

情報起業家は売るために必死です。

あの手この手と小技を駆使して、あなたや私を洗脳してきます(笑)。

しかしそれは、情報起業家じゃなくても、あらゆる物やサービスでも行われています。

大手企業はテレビCMを通し、私たちの興味関心に訴え洗脳をはかります。また、アフィリエイターを買収し、商品・サービスの感想をブログに書かせます(ステマ)。

つまるところ、情報起業家と同じようなことをしています。

「金で解決だ~」って感じで、あらゆる手段を嵩じているのです。馬鹿な企業は、自分たちで考えようとせず、SEO業者とかに金をばらまいていることでしょう。

愚かです。情報起業家を見習ってほしいです。

情報起業家は、コピーライティングを学び、資金力のなさを巧みなアイデアで埋め、自身の商品を販売しています。

正直、すごいんですよ!

その販売力は尊敬されるべきであって、馬頭されるべきではないんです。

一部(結構いるかな?)・・・の情報起業家の詐欺手法によって、全ての情報起業家が悪とするのは大間違いです。

「あれ?S.Sってそっちより?」って思った方もいるかもしれませんが、はじめから私はネットビジネス家であり、情報起業家を否定するものではありません。

でも、断っておきますが、

私は信じたものしか紹介したり売ったりはしません。

と自分でいうところが怪しいでしょ♪

情報アフィリエイトの記事でも書きましたが、情報アフィリエイトでは大きな報酬を得ることができます。

情報アフィリエイトほど、アフィリエイターを尊重し、相応の対価を提供してくれる広告主(情報起業家)が多いジャンルは少ないでしょう。

2万円の商品を売って1万円の報酬が得られます。

情報販売者は手数料をとられるので、販売者よりアフィリエイターの方が儲けが多かったりします。

一般のアフィリエイトでは、2万円の商品を売ってせいぜい3000円程度の報酬です。

そのぐらいの金額が妥当な商品・サービスもありますが、明らかにアフィリエイターを軽んじていると思われるものもたくさんあります。

3.馬鹿にされるな

アフィリエイターに知っておいてもらいたい。心に秘めてもらいたいことがあります。

それは、「尻軽アフィリエイターにはならないでください」ということです。

報酬単価が低い商品・サービスなんて宣伝しなくていいんです。稼げる承認率が高い広告主とだけお付き合いをしていけばいいんです。

広告主に審査があるように、私たちにも選択の自由があります。

「馬鹿にするな」っという気持ちをもってください。

自分はもっと貰っていいべき人間である(相応の行動はしましょう)。常にそう思って、アフィリエイト活動をしましょう。

4.情報起業家になる

本記事を読んでくれている方の目的は、情報起業家になる事だと思います。騙されるはどうでもいい情報でしたよね。

すみませんでした見当違いのお話ばかりしてしまいまして。

さて本題です。

情報起業家になるのは非常に簡単です。

俺は情報起業家になる!

と宣言すれば完了です。

本当にこれだけです。

情報販売方法

次いでとして、情報を売るコンテンツ作りに関して記載しておきます。

まずは、情報商材はWEB上で販売することが一般的ですので、ブログ・HPを開設する必要があります。

次に、販売しようとしている商品(情報)を売るセールスページを作成します。

セールスページは、自分で作ってもいいし、お金をかけられる人はWeb製作が出来る人を雇ってしまえばいいでしょう。

製作期間は1ヶ月ほど、経費は数万円~10万円ぐらいの費用が必要となると思っておいてください。

5.情報はどこで売るの?

一般的には、情報販売の仲介や決済代行をして貰えるサービスを利用するといいでしょう。有名どころでは、 infotopまたはインフォカートというサービス事業者に販売者登録をしましょう。販売手順を解説してくれていますし、多くの情報起業家の先人がいるので、参考にすれば、情報販売を行うことができるでしょう。

もう一つの方法としては、paypalGumroadを利用しても簡単に販売をすることが出来ます。

まとめ

情報商材を作成し、販売することはネタさえ持っていれば簡単にできます。いい情報を広める行為は何ら悪いことではありません。情報を評価するのはあなたではありませんが、人に感謝されると信じる情報ならばどんどん販売しましょう。いい商品であれば感謝されながら広まっていくでしょう。