2015年のネットビジネス動向

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は実家に帰り、すき焼きやおせち、お雑煮を食べながらTVを見てグダグダ過ごしました。

あと、初詣では、2年連続「大吉」だったのでかなりごきげんになりました(占い?とかに影響される方です)。

私の実家は静岡市にあるのですが、数年前から新しい施設などができ、昔と様子がどんどん変わっていっています。

学生時代を過ごした場所の変化は変な気分を感じさせられます。

中学までは藤沢市の辻堂というところに住んでいたのですが、ここの変化ときたら本当にビックリです。

「あのドがつく田舎が!」今やそこそこの都市?となり、多くの人が住みたくなるような街に変わりました。

時を感じますね~~。

さて、私のどうでもいい話はこれくらいにして、今日は2015年のネットビジネスの動向について考えてみようと思います。

まずは2014年を少し振り返ってみましょう。

皆さんは2014年のネットビジネスというと何を思い浮かべるでしょうか?

私はYouTubeやLINEスタンプを思い浮かべます。

後半にtsu(SNS)というサービスが話題になりましたが、私的にはこいつはどうでもいいかなという感じ。

さて、ユーチューバ―の躍進!

すごかったですよね。

稼いでいる金額はもちろん、メディア露出や書籍出版と、その活躍は2013年から引き続き凄まじかった。

さすが!Google様の後押し!

最強ですね。

「俺(私)、ユーチューバーになるから会社やめるわ!」なんていうお友達が周りにいた人も多いのではないでしょうか?

当たれば年収1000万円以上も夢ではないのですから憧れますよね。

だから、夢に向かって突き進んだ人も多くいたことでしょう。

今なら、卒業文集に将来の夢「ユーチューバ―」って書く子供がいそうですよね。

ユーチューバ―は、ネットビジネスの1つの成功モデルとして確立したといえるでしょう。

ちなみに、私は一通りの動画編集知識や稼ぐノウハウはありますが、どうも自分に向いている気がしません。

ですので、ユーチューバ―は目指していません。

・・・では、続いて~

LINEスタンプ!

漫画家になりたかった人!

イラストを書いたりする仕事にある人!

職業と関係ないが絵心がある人!

このような人達にとって、LINEスタンプは待望のネットビジネスだったのではないでしょうか?

「LINEスタンプで200万円稼いだ!」とウハウハの方々を取り上げた番組が年末年始にやっていました。

LINEスタンプでは、40パターン(種類)のイラストを作成して、LINE Creators Marketにアップするだけで、稼げるチャンスが誰にでもあります。

楽しそうですよね。

クリエイターの仕事は、超一流以外は給料低いので、200万円もの副収入を得られたらうれしいでしょうね。

私も「やってみようかな~」っと考えてますが、なんせ、自分を客観視してみて絵心が足りない気がしてます。

絵をかくのが得意な人はやってみる価値ありでしょうね。

登録審査待ちが数カ月という話ですが、趣味の延長で、うまくいけば副収入が得られると思っていれば楽しいですよね?

ちなみに、LINEスタンプは一発屋、ひと月で200万円稼げても、次の月には10万円以下なんてこともあるようです。

甘い話はないってことですね。

でも、200万円どころか、スタンプのキャラが人気を得て、人形として販売されることもあるようですので、大きく稼ぐ可能性を秘めています。

さて、「ほ~」って感じの話をしてまいりましたが、2015年はどんなネットビジネスが流行するのでしょうか?

アフィリエイト、FX、YouTube、LINEスタンプ(微妙かな)は2015年も人気を集めそうですよね。

それ以外の新しいネットビジネスが生まれるでしょうか?

私にはわかりません(笑)。

ただいえることは、新しいネットビジネスが出た時は、初動に乗ると大きく稼ぐチャンスがありますので、常にアンテナを張っておくといいでしょう。

ちなみに、私は2015年もアフィリエイトとドロップシッピングをやっていきます(FXもトレンドが見えやすい時は少々)。

ですので、教えるのもアフィリエイトとドロップシッピングがメインです。

YouTubeやLINEスタンプで稼ぐノウハウを知らない訳ではないですが、現在進行形でやっているわけではないんで他の人に教わった方がいいでしょうね。

といっても、YouTubeやLINEスタンプは、「発想」と「個人の能力」が稼ぎに直結するサービスです(基礎は必要)。

発想と能力を教えるのって厳しいですよね!

というわけで、裏技ツールでYoutubeに関しては基礎は身につけられますが、書店にいけば基礎本があるのでユーチューバ―目指すならそこからスタートすればいいんじゃないかな?

YouTube本を一通り読んでみて、なんも発想できないなら向いてない、そもそも需要のある能力が備わってないと考えるべきでしょう。

LINEスタンプも製作方法~販売まで本みれば理解できますよ。

なお、どっちも上を目指すなら妙な情報商材とかを買はず、専門学校や専門スクールで技術を身につけた方がいいでしょうね。

発想や能力があってもそれを形に出来なければ意味ないですからね。

さて、本題のアフィリエイトのお話をしますね。

アフィリエイトは、ネットビジネスの柱といえますので、今年も間違いなくみんながやる副業(本業)でしょうね。

稼ぎ方も従来と大きく変わることはないでしょう(新しい何かが生まれれば変わる可能性はある)。

稼げるジャンルもさして変化はないでしょう。

利用者が増えて稼ぎにくくなるとかないんで(理由はめんどいんで割愛)、利用者間の競争も今までとさして変わらないでしょう。

アフィリエイトの良いところ(悪いところ)は、SEOという完全には操作できないシステムにより、没落する人もいれば稼げる人がいること。

転売ビジネスにおいては、一定人数が市場に気づき、価格競争をはじめれば終わります(もちろん、新しい市場を見つけられる人は生き残れます)。

転売ビジネスでは、誰もが用意に集客媒体(ヤフオクやAmazon、ebay)を手に入れられるがために市場飽和がおこりやすいのです。

10人参戦していた中で負けた9人は利益ゼロ(もしくはマイナス)です。

なお、世の中には非常に多くの商品が溢れています。

ですので、稼げないということはありませんが、マイナスになるおそれがあるビジネスです。

比べてアフィリエイトは、10人参戦して10人が稼ぐことも可能なビジネスです。

このことを簡単にアフィリエイト商品を例に説明します。

アフィリエイトでは、「ビーグレン」というコスメが人気だったります。

転売ビジネスで稼ぐ場合は、ビーグレンという商品名でヤフオクやAmazonで販売して、サービスと価格が一番よい強者が勝ちます。

ですが、アフィリエイトの場合、「ビーグレン」という商品名で検索上位表示しなくても稼げる人がたくさん生まれます。

サービスのしくみが違うのです。

「ビーグレン」というコスメはしみ・しわにお薦めだそうです。

ですので、しみやしわというキーワードで検索上位表示して、「ビーグレン」をお薦めした記事を書けば購入されたりします。

また、従来お薦めできるアフィリエイト手法ではないが、劣化してしみ・しわが目立つ芸能人を取り上げた記事を書いてアクセスを集めます。

そして、記事最後に「私も最近しわが気になり・・・ネットで評判のコレ(ビーグレンのこと)を使ったらすごくよくなってきました~」なんて書いてアフィレばある程度の成果が出ちゃったりします。

アフィリエイトでは、直球キーワードで集めた人の方が成果を取れやすいのは間違いないが、関係の薄いキーワードで人を集めても成果を生み出せるのです。

つまり、頭を使えば、後からはじめようが、ライバルがいようが稼ぐことができるのです。

また、価格やサービスで劣っていても稼ぐことができます。

このことが顕著にわかったのは、ドロップシッピングをやっていてです。

Amazonや楽天と比べ、同様の商品を高く販売していても、切り口を変え販売すれば売れたりするのです。

「Amazonや楽天と同じものを売っていて儲かるわけがない」という人がいますが、確かに同じ土俵でやっていればそうでしょう。

しかし、さっさと同じ土俵からおり、無理ゲーに労力を割くのでなく、頭を使って違うところを攻めれば稼げるのです。

そもそも、Amazonや楽天と対抗できる商品もドロップシッピングにはあるので、それらを取扱えばいいのですが、事実そういったことがおこることを経験できたのは大きな成果でした。

アフィリエイトでも、ライバルが多く厳しいと感じるならば、さっさと同じ土俵からおり、頭を使って自分の道を作ればいいのです。

・・・なぜか勉強的な話になってきましたね。

そうそう、ドロップシッピングの話ですが、先日、もしもドロップシッピングから、「今後はより一層もしも独自の商品を充実~」なんてメールが来てました。

それで改めて感じたんですよね。

「あ!やっぱドロップシッピングもアフィリの一種だな」って。

もしもドロップシッピングでは、市場にはないもしもドロップシッピング独自の商品が提供されていたりします。

そして、これらが売れます!

つまり、ドロップシッピングってもしもドロップシッピングという広告主がいて、そこと提携して、Amazonや楽天アフィリのようにそこから紹介したい商品をピックアップしてアフィるだけってことなんだな~っと思ったんですよね。

「いやいや販売ページ必要じゃん」ってつっこむ人いると思いますが、それらは簡単にできます(知りたい方は私の本読んでみてね)。

多くのアフィリエイターにさらされていない?

稼ぐの大変と勘違いされている?

だから!

もしもドロップシッピングで稼ぐことって、実は一つのアフィリジャンルと捉えた場合、一番簡単なんじゃないかな?と思ったんですよね。

楽天アフィリで数百万円稼ぐ人もいるけど、もしもドロップシッピングをアフィリエイトと捉え活動すれば、同じように稼げる人が出るだろうなと思います。

ということで、アフィリエイトでダメな方、ドロップシッピングを一度のぞいてみてはどうでしょうか?

アフィリエイトの難関キーワードを攻めていた方なら、ドロップシッピングで儲かるとされるキーワードの市場調査をすれば、その旨みに気付くと思います。

気づけないなら裏技ツール買うか(笑)、頭を使ってトレンドで10万円稼いでみてね(頭を使うこと!)。

では、今年もいい結果をだしていきましょうね。