稼げるネットショップの作り方と仕入れ基礎知識

ネットショップ

ネットショップを誰でも簡単に作れるようになった現在。リアル店舗を持っている企業はもちろん、ネットショップをオープンして起業する個人の方が急増しています。

今回は、私の今までのネットビジネス経験から得た、ネットショップで稼ぐためのお店の作り方と、仕入れに関して解説したいと思います。

「個人のあなたに教わることなんてないよ」って感じた人もいるかもしれませんが、私は個人マーケッターとしてトップクラスのレベルです。

ドロップシッピングという検索市場だけの集客で、月商300万~1200万円ほどの売上げを立てています。

従業員なんていませんよ!

私、たった一人だけでこれだけ稼いでいます。楽天出店とかもしてません。ネット検索で来たお客様に販売しただけです。

「楽天で販売してるから関係ないや!」って人、楽天出店も企業を通して経験してますよ。ですので、モール出店に関しても詳しかったりします。

本ページでは、稼ぐためのさわりぐらいしか話しませんが、たぶん、そこらのセミナーに出る以上の価値があると思います。それでは、ネットショップを運営して稼ぎたい人だけ読んでみてくださいね。

目次

  1. 商品の仕入れ
  2. 開業するには?
  3. モールに出店すれば儲かる?
  4. 独自ショップの強みと弱み
  5. モール出店がタダ!

1.商品の仕入れ

売るものがないと商売ははじまりませんよね。

ネットショップ開業しようって方は、既に商品選定は終わっているかもしれませんが、その商品・・・売れそうですか?

売れると思って仕入れていると思いますけど、勘違いじゃないですか?

ネット上でニーズはありますか?

顧客のニーズや市場規模などは徹底的に調べているでしょうか。

また、既にネットショップを運営している皆さん。販売している商品を仕入れる前に、売れるまでのビジョンを販売前にしましたか?

需要と供給するビジョンをしっかりと捉えることが商品仕入れでは非常に大切。

アホみたいに数仕入れればいいと思ってませんか?

ニーズのないお店のコンセプトとかけ離れた商品をいくら仕入れても、売れはしませんよ(ネームバリューがある企業は除く)。

馬鹿みたいに10万点の商品を扱っても、1個も売れないとか恥ずかしいですよね。

ていうか、ネット通販において、「大規模なネットショップを運営する=売れる」って発想を持っているようでしたら、それ捨ててください。

仕入れた商品にニーズがあるならば、商品数は1点でもいいんですよ。

売れるキラー商品を見つける!生み出すこと!コレが非常に重要ですよ。

販売に注意が必要な商品

食品や中古品、酒類、ペット、危険物などを販売する時は注意が必要です。食品は、保健所への届け出や「食品衛生責任者の免許」「食品衛生法に基づく営業許可」が必要な場合があります。

また、お酒の販売には「酒類の通販の免許」。中古品を販売には、「古物商許可証」が必要となります。

他にも、細かい販売規制がある商品もございますので、取扱い商品に関しては販売前に届け出や許可が必要ではないか確認しておきましょう。

2.開業するには?

いろんなWEBサイトに書かれていそうなので、あえて言うことでもないですが、ネットショップ開業は非常に簡単です。

税務署に開業届けを出し、大手ショッピングモールか独自ショップで出店するかを選択し、契約業者のシステムを利用してネットショップをオープンするだけです。

簡単に流れをまとめると下記になります。

  1. 販売商品を決定
  2. 店舗名を決定
  3. 開業届けを出す
  4. ショップ契約
  5. 独自ドメイン取得(4と前後することあり)
  6. ネットショップ構築
  7. 決済システム・配送業者選定

という流れです。簡単ですよね。

3.モールに出店すれば儲かる?

売上げを立てるならば大手ショッピングモール出店がベストです。

そして、モール出店の場合は、あくまで属性が一致した商品に限るのですが、商品点数が多い方が有利です。※相場より高く販売していれば無駄。

それと、ぶっちゃけると、初心者がモール出店しても儲かりません。ですので、開始1ヶ月で「儲からなかった~」っといって、悲嘆にくれる必要はないです。当たり前ですから。

もし赤字にならなかったのならば、むしろ大成功ですよ。

「大手ショッピングモール出店=稼げる」とはならないので、しっかり認識しておいてくださいね。

半年ぐらいは、プラスマイナス0ぐらいで進んでもいいと思います。

ユーザーを捕まえてしっかりとフォローを積み重ねましょう(現在はファン化は難しいですけどね)。そして、半年後、今までの経験を生かして改善をしていけば、利益が出せるようになるはずです。

でもね!商品が全然ダメなら何年やっていても無駄ですよ。

とりあえず実践することです。

そして、リスクを抑えながら、市場をしっかりと研究していってください。

4.独自ショップの強みと弱み

初心者の方がネットショップを開業し、お客様を集客するならば、圧倒的に大手ショッピングモールに出店した方が楽です。

しかし、独自ネットショップにはそれなりの強みも備えています。

たとえば、モール出店すると出店手数料等の多くのコストがかかりますが、独自ネットショップでは無料でネットショップを出店できます。

さらに、制約なく自由にネットショップを運営することができます。また、マージンをとられないので販売利益が大きいので、利益をお客様に還元(安く販売)できる。

独自ショップの弱みのまとめ

独自ショップの運営によるデメリット。

  • ネット集客の知識が必要
  • ネームバリューがなければ安心感が得られない
  • ショップ構築がシステムによっては難しい
  • 販売知識・技術を習得しにくい

という弱みがあります。

ですが、私のようにな、ネット知識・技術に長けている人間を社内に持てば(終始偉そうですみません)、商品さえいいものを持てば独自ショップで大きく稼ぐことが出来るでしょう。

なお、独自ネットショップ開業をするならば下記の2つのサービスがいいです。大規模ショップ運営を考えている方にはおすすめできませんが、数点の取扱い商品数で、10万円ぐらいの稼ぎを生みだしたい人は利用してみましょう。

無料で作れるサービス

5.モール出店がタダ!

2013年10月7日に、Yahoo! JAPANが新戦略「eコマース革命」を発表。

なんと!Yahoo!ショッピングへの出店料・月会費、そして売上げロイヤリティを「タダ!」にしちゃうというサービスを提供することを宣言しました。

「マジですか!」って思いましたね。

本当にこれは革命です。Yahoo!JAPANは、毎月入るお金を放棄し、出店数を増やすことでモールを活性化し、モール内の広告収入で稼ぐことにシフトしたんです。

度肝を抜かれた人がたくさんいたのではないでしょうか?

特に、昔はよく比較された楽天にとっては、最強のライバル出現って感じですよね。

そして、本サービスは私たちにとって絶好のチャンスです。リスクを限りなく低くしてお金を稼ぐフィールドが生まれたのですから。

それに知ってますか?

Yahoo!ショッピン グってTポイントが使えるんですよ。これって強力ですよね。Tカードを持っている人は非常に多いですからね。

10月9日にYahoo!の発表では、1日で、2.6万人の出店希望があったそうです(もちろん私も出店希望登録しました)。実際のサービスの稼働は来年からのようですが、出店希望登録をしておいて損はないでしょう。

ちなみに、初心者の方もいると思うので言っておきますが、決済手数料とかアフィリ手数料とかは発生しますよ。

なお、現状、Yahoo!ショッピングの集客力は楽天に大きく劣っているといわざるえません。しかし、ZOZOやLOHAKOなど、非常に集客力を持つサイトがYahoo!上に存在します。こういった店舗を増やし拡大していけば、ものすごい集客力になりますよね。

私は、商品が探しにくいし、たくさんのデメリットをYahoo!ショッピングに感じるので、Amazonを使っちゃいます。

皆さんは、どこでショッピングを楽しみ、どこに自分のお店を出店しますか?個人でも、少し行動すればネットショップを持つことは誰でもできますよ。

まとめ

ネットショップ開業は、もはやハードル0(ゼロ)時代に突入しました。商品を仕入れること、販売することは誰でも挑戦できます。現在の自分の力量を見定め、適した場所にネットショップをオープンしてお金を稼ぎましょう。取扱い商品が少ないなら、無料ネットショップを活用しましょう。それと、デジタルコンテンツの販売を行うならば、gumroadを使えば、コンテンツをアップロードするだけで、即日販売を開始できますよ。