キーワード出現頻度はSEOの重要項目?

keyword

今日は、キーワード出現頻度が検索上位表示に影響を及ぼすかについて解説していきます。

「2014年の今、その話題は必要?」って思う人もいると思いますが、おさらいを兼ねて、というか今後は価値を持つかもってことで読んでみてください。

結論からいうと、現状の私の見解ではページ単位でいえば、キーワード出現頻度はSEOに対してほぼ関係ないです。

もちろん、記事中にターゲットキーワードが一回も出ないのは問題ですが、テーマのキーワードが本文に登場しないなんてことはほぼありえないので、キーワード出現頻度をチェックしてまで気にする必要はないでしょう。

ちなみに、文字数なるものもほぼ関係ないと私は思っています。

ほぼってのは検索ランキング決定要因として重要度が低いということ。

つまりは、正しい記事の書き方ができていれば、無視していい情報って感じなんですが、今後はひょっとしたら、今よりも検索ランキング要因として価値がすこ~しだけ増えるんじゃないかと思っています。

正しく伝わることが重要

現状でも、ウェブマスターツールのコンテンツキーワードを見れば、Googleがサイトでのキーワード出現回数はもちろん、ページ毎の出現回数を認識していることがわかります。

どのキーワードがサイト、ページの軸であるか認識している。

また、間接的にはテーマ一致の判定含め、既にSEOの指標にも使っていそうです。

ですので、検索エンジンが進化し、ページを深く理解し、文章内でのキーフレーズの重みを判別できるようになるほど、キーワード出現頻度を検索ランキングの指標として直接・間接的に重要視すると考えられます。

誤解を避けよう

記事には、ターゲットキーワードを出現させ「このキーワードが重要だよ(このキーワードで上位表示したいよ)」と伝えて、検索エンジンにキーワードを誤解されないようにする必要があります。

過度なキーワード出現頻度を意識した結果、ターゲットキーワードとズレた情報発信をして、関係のないキ―ワードをページの軸と認識されては、元も子もありません。

でも、単純にキーワード出現頻度が高ければいいってことじゃなく、記事全体の内容がターゲットキーワードを伝える情報として価値があるとGoogleに認識させることが重要です。

ですので、キーワードを詰め込めばいいって訳じゃないので、キーワード出現頻度チェックは、意識しすぎて文章にキーワードを詰め込みすぎてないかをチェックするために利用するといいでしょう。

SEOチェキ!キーワード出現頻度

SEOチェキ!

SEOチェキ!を使えば、簡単にキーワード出現頻度がわかります。

なお、キーワード出演頻度チェックツールは探せば他にもあるので、使いやすいものを使うといいでしょう。

ページ分析方法が違うのか、ツールによってキーワード出現頻度の結果が違うことがありますので、使いやすいのはもちろん、自分が信じられるデータを活用しましょう。

今日のまとめ

テーマを捉えた記事を自然に発信していれば、キーワード出現頻度が不自然になることはほぼないと思うので、過度に気にする必要はないと私は考えていますが、記事を書くことにまだ慣れていない人は、必要以上にキーワードを埋込む傾向があるので注意が必要です。また、ターゲットキーワードを伝えるために、「strong、em、h●」タグを乱用する人がいますが、各タグの持つ意味を理解して正しく利用した方がいいでしょう。