Author Rank(オーサーランク)SEOの台頭!Googleのいう情報の信憑性とは?

オーサーランクを分析

Author Rank(オーサーランク)や情報の信憑性という、本議題を記事にするべきかすごく迷いましたが、マット・カッツ氏の動画が、業界で間違った見解、憶測を波及させているので、私なりの現段階の考えをまとめておこうと思いました。

Author Rankっていうのは、ドメイン、サイト・ページ、に、検索アルゴリズムで権威が付くように、コンテンツ著者にもランク付けをするアルゴリズムが出来るんじゃないか?出来てるんじゃないか?と話題になっているもので、今後、検索ランキングで重要視されると噂されているものです。Googleが、コンテンツを重視し、サイトの信頼性に重きをおく発言が多々あるため、今後は、被リンクからAuthor Rank(オーサーランク)によるSEOになるのでは?という噂を助長しているようです。

Googleはウェブマスター等を通じて、質の高い記事に関して、サイト運営者・著者、記事を信頼できるかといったことを例に上げているので、情報の信頼性を重要視していること、Author Rankを意識させる発言があることは間違いないです。

しかし、情報の信頼性=Author Rankという考え方はいささか早いです。※現段階ではランキングの影響はほぼ見られない。

マット・カッツ氏の未来の検索アルゴリズム

Author Rankなるものの、話が出て数年になりますが、昨今、大きな話題を集めたきっかけとなったマット・カッツ氏の動画です。

従来から提言してますが、Googleが自然言語の理解を深め、コンテンツ価値を正しく理解することで、被リンクによる検索ランキング決定の比重を下げようと頑張ってるよって感じのことをいってます。

つまり、コンテンツを正しく理解し、正確な評価をできるようGoogleも頑張るから、皆さんも、いい記事(コンテンツ)を作ることに精を出してくださいねってなところです。

Author Rankは、SEO施策として話題になってますが、現段階ではまだほぼその影響はない(小さい)です。※数年前から著者情報がSERPに表示されるが、それは検索ランキングとは別の話。

誤った見解は持たないでください!

マット・カット氏は、コンテンツの質(信憑性、価値)を理解し、検索ランキングに影響を与える要因とすることで、被リンクの検索ランキング決定への比重を下げるがなくすとはいってません!

どこかの記事で、被リンクをなくす!っていっていて「・・・」と思ったので、私の意見として述べておきます。

現在はもちろん、被リンクを排除して、検索ランキングを決めたらえらいことになりそうですよね。

Author Rankというか、ウェブサイトの信頼性やコンテンツの質への比重が台頭してきていることは間違いなく事実です。

昨日今日にはじまったことでなく、以前から、コンテンツの重要性についてはGoogleは明言している。

しかし、情報の信頼性や質を、検索エンジンが正しく理解することは難しく、良質なコンテンツを作成しても、被リンクを使ったSEOのように明確な結果を感じることが難しい。※ソーシャルで拡散されるなどの結果は見えるかもしれません。

もし、信頼性、質というものが、被リンクがサイトに与える影響と同一ほどになったら、SEOはもっと面白く、やりがいのあるものになるし、埋もれていた健全なウェブ運営者の多くが台頭できる機会が増えそうですね。

Author Rankを得るためにすべきこと

情報の信頼性、Author Rank、Agent Rankを意識するならば、発信する情報に対する信憑性を高めることはもちろん、個人・企業・サイトとしてGoogle+等のソーシャルを活用して権威付けをしていくことが有効になるかもしれません。

ハミングバードアルゴリズムをはじめ、今後も、Googleが自然言語の理解を進化させていくならば、ウェブ運営者は、発信情報に対する、様々な角度からの見解を備え、ターゲットに価値を与えるものを打ち出していくことが求められるでしょう。

文章に重きをおき、サイト権威や被リンクを完全無視した場合、文章のコピペが横行しそうですね。

ですが、Googleが、文章を明確に認識することが可能になっても、そのことが「Author Rankの台頭」に繋がるかどうかは微妙な話です。

そもそも、今回のマットカッツ氏の動画では、「検索エンジンの自然言語理解の進化=Author Rankの台頭」とは述べていないし、Author Rankの重要性は、SEOに従事する者の拡大解釈が見受けられます。

ただし、ウェブマスターならば、サイト運営者に権威(Author Rank・Agent Rank)をGoogleが与えるかはさておき、Googleが目指すべき未来を想像し、それに同調する行動はすべきです。