タグの糸通しの内職|自宅で出来る簡単な仕事

糸の仕事

タグの糸通しの内職とは、洋服についている商品タグに糸を通して結ぶ仕事です。一心不乱に単純作業に没頭することが好きという人にはもってこいの仕事です。

テレビを見ながら出来る仕事と紹介されることもありますが、実のところメーカーからの要望は細かく非常に繊細な仕事です。

ですので、かなりの集中力が必要です。

慣れてくれば、テレビを見ながらでも出来るかもしれませんが、数ケ月はとても片手間で出来るような仕事ではないでしょう。

TBSがっちりアカデミー!!に登場

2011年5月27日TBSで放送の「がっちりアカデミー!!」で、東京都にお住まいの内山さん(40歳)がやっている単純系の内職が紹介されました。

番組では、タダひたすら小さな厚紙にひもを通していました。そうこれが、糸通しのお仕事なんです。

業者からの依頼は以外と細かく、丁寧な作業が求められます。内山さんは慣れるまでは、定規を使って測りながら作業を行っていたそうです。

慣れてきた今では、1日4時間の作業で1000個製作できるようになったそうです。

気になる報酬単価は、1個1円です。

ですので、内山さんの場合、時給換算250円ということになります。月収は2万円稼ぐそうなので、1ヶ月80時間ほどタグの糸通しの内職をしていることになりますね。

内職募集・在宅求人情報

タグの糸通しは、ファストファッションが多く台頭する現在では、需要は非常に多い仕事です。しかし、単純に無理なく出来るので、仕事を辞める人が少ないので、新規求人を見つけるのは難しいようです。

仕事は、タグ製造工場やショップで募集が行われます。しかし、待っていても仕事が出る可能性は低いので、積極的に内職業を請負えないか問いあわせてみるといいでしょう。

まとめ

タグの糸通しの仕事は、とても効率的に稼げるとはいえませんが、時間を忘れて作業を行うことが好きな方にはおすすめです。また、手先が器用な人にとっては、非常に楽に、空いた時間でプチ稼ぎができるのではじめてみるといいでしょう。