ペットシッターとは?なるには資格やバイト経験が必要?

ペットシッターになるぞ

ペットシッターとは、簡単に言えばベビーシッターのペット版です。欧米ではかなり昔からあるペットビジネスで、日本では近年急速に普及しました。

ペットが大好きだという人には最高の仕事なのではないでしょうか。

主な仕事内容は依頼主の家に訪問し、飼い主の留守中に、代わりにペットの食事の世話、トイレ掃除、散歩、遊び(ストレス発散)などをする仕事です。

環境を変えずに面倒を見てもらえることから、ペットの精神ストレスケアを考える多くのペット愛好家から好評を得ているビジネスです。

旅行などの留守中の依頼だけでなく、依頼主の病気、ケガ、高齢化などでも、ペットシッターへの依頼はあります。

依頼者は年々増えつづけており、サービスの範囲は広がっています。

たとえば、犬や猫でなく鳥や猿、珍獣などのお世話の依頼まであるのです。依頼内容の中には、仕事が忙しいので遊び相手になってあげてくださいなんていう依頼もあります。

市場が拡大することはいいことですが、サービスの多岐化や依頼者の急増により、サービスの低下が起こり、ペットシッター業界では多くのトラブルが起こっています。

ですので、これからペットシッターを目指す人は、次項を読んでおくといいでしょう。

顧客からすれば、大切な家族(ペット)を預けるのでサービスが悪いのは致命的です。

顧客の確かな信頼を得るには高い知識と技術の習得はもちろん、顧客が満足するしっかりとしたサービスを提供する必要があるのです。

ペットシッターは、知識・技術と責任感が必要な大変な仕事なのです。

仕事への取り組み方

まずはこちらの動画をみれば、どんな仕事内容なのか理解できると思います。

ペットシッターの仕事内容は、依頼主との合意により自由に取り決めることができます。

ですので、双方の認識の不一致が起こりトラブルが起こることがありますので、しっかりと契約書類を交わしましょう。

なお、サービス提供後は作業報告書を提供できるようにしましょう。

依頼者との信頼関係を築くことが非常に大事ですので、顧客がどうしたら満足してくれるかを考え提供していきましょう。

社交的なのはもちろん、細かい心配りが重要です。

テレビ番組で高収入のペットシッターさんがたまに出たりしますが、そんなに簡単に儲かる仕事じゃないです。

サービスの質を落とさないためにすべきこと

しっかりと養成講座などで、必要な知識・技術は身につけることはもちろん、自信の持てない依頼は受けるべきではありません。

自分が管理方法を知らない動物種のお世話は引き受けないべきです。

きれいごとをいっていては稼げないかもしれませんが、需要は多くあるのであなたが得意なジャンルでチカラを証明できれば仕事は得られるはずです。

なお、仕事を請け負う際には必ず、事前にお世話をするペットのヒアリングなどをしっかりと行いましょう。信用向上はもちろん、しっかりと打ち合わせをすることでいらぬトラブルは起こらなくなるでしょう。

以上、まとめるとこんなことがいえるでしょう。

  • 契約書の提出
  • 事前ヒアリング(お見積り)
  • 報告書の提出
  • サービスの専門性を持つ
  • 明確なサービスと価格提示
  • 飼育経験の向上

資格は必要なのか?

ペットシッターとして独立開業するには、動物取扱責任者として動物取扱業の登録申請をする必要がありますが、特別な資格は必要ありません。

動物取扱業の申請許可を得るには、実務経験や講習で知識や技術を習得する必要があります。資格はその過程で取る人も多いみたいですよ。

資格があれば、知識や技術を証明することが出来ますからね。

なお、「トリマー」「ペット介護士」「動物看護師」「愛玩動物飼養管理士」「ペットケア管理士」等の資格を保持していると仕事の幅が広がりますし、信頼も得ることができそうですよね。さらに、ライバル業者との差別化にもなるでしょう。

参考サイト

まとめ

ペットシッターになりたい人は非常に多く、新しく開業する人が後を絶ちません。ですが、簡単に始められますが楽には稼げません。ペットシッターの仕事は人気職。いくらペットに詳しくても人間関係が築けない人には難しい仕事なのです。なお、犬に噛みつかれちゃうこともあるので注意しましょう。余談ですが、私は猫を飼ってますが、旅行の時は動物病院のペットホテルに預けます。やっぱりモノが取られたりとか心配ですので、自宅に留守中に人をあげるというのは抵抗があります。