宛名書きの内職の求人実態と稼ぐ方法

宛名

宛名書きの内職とは、はがきや手紙の宛名を書く仕事で、小さなお子さんがいて、外に出られない主婦の方に非常に人気がありました。

報酬は1枚あたり30円程度を得ることができ、文字を早く、丁寧に美しく書くことができる人に向いている仕事です。

もちろん誤字や脱字は絶対に許されません。

ですので、宛名書きの内職は、書道などを習っていて集中力があり、よほど字を書くのが好きか自信がある方にしかおすすめできません。

報酬単価が低い上に、絶対にミスが許されないので、割に合わないと感じる人が多いようです。

需要はもはやない?

宛名書きの内職は、パソコンの普及で需要が急激に減りました。もはや、求人を見つけることはほぼできないでしょう。

現在はパソコンで宛名を入力する仕事はあっても、手書きでの仕事は無いのです。

大量宛名印刷ができるのに、わざわざ手書きの宛名書きの内職を依頼する企業なんてありません。活躍の場があるとすれば、冠婚葬祭の封書ぐらいでしょう。

宛て名書きの内職求人には内職商法と呼ばれる詐欺があるので注意。

収入が歩合制などではっきりしない上に、前払金、登録料、商品購入を要求する業者は怪しいので、きちんと身元確認や口コミを調べてから申し込みましょう。

関連のお仕事

まとめ

宛名書きは、過去は非常に人気があり代表的な内職でした。しかし、パソコンでの機械入力と大量印刷の普及で、宛名書きの内職の必要性はなくなりました。ですので、需要が減ったといっても、まだまだ活躍の場があり報酬単価が高い賞状書士の仕事を探した方がいいでしょう。