さし絵ライターの仕事!求人募集事情も公開

さし絵

さし絵ライターとは、絵を描くことが好きな人が楽しくできる人気の在宅ワークです。必要な技術は自宅学習で身に付けられるので誰でも気軽にはじめることができます。

さし絵は、絵本をはじめ、雑誌、チラシ、昨今ではインタネット上で使用されています。10cm四方程度のもので、4000円以上の収入を稼ぐことができます。慣れている人なら1時間程度で仕上げることもできるので、非常に効率的な仕事です。

さし絵ライターは、今では自宅で簡単に通信教育で学ぶことができます。下記サイトは多くのさし絵ライターの登竜門とも呼べるサイトです。※独学で学ぶよりもずっと効率的ですので興味のある方は学んでみましょう。

参考サイト

実際の学習内容

さし絵の学習は、「基礎」「応用」「実践」と3段階で学ぶことができます。

具体的な学習内容

  • 基礎編では、描画の表現テクニック
  • 応用編では、カラーの表現力・ニュアンス
  • 実践編では、プロの発想・表現力を身につけられます。

通信教育では、自宅で誰でもやさしく身につけられるようしっかりとしたカリキュラムがくまれています。

有名な一流プロライターの個別指導なので、自分の理解度に合わせて進められます。また、あなたに今必要なこと、上達のポイントをしっかりと指導してくれます。

求人募集事情

資格を取得

さし絵ライターの学習サイトでは、技能認定資格を得られる手引きがわかります。

技能認定試験に合格すると「日本職能開発振興会」に登録されるので、稼ぎたい方は是非とも挑戦しておきたいところです。「日本職能開発振興会」は、さし絵の仕事を受注する大手人材登録会社ですので働くチャンスが広がります。

さし絵ライター認定試験は、 年4回実施されています。

展覧会に作品出品

大規模な展覧会に作品を出品することによって、出版業界や、多くの人の目に触れるので、あなたの作品を気に行った方からのオファーを受けることもあります。

なお、近年ではインタネット上(ホームページやブログ)に作品を掲載して、訪問者からオファーを受けることもあります。仕事を積極的に受けたい方は、多くの人の目に触れる機会が増える宣伝媒体はどんどん利用していきましょう。

出版社に売り込みに行く

出版社や広告代理店に作品を売り込んでも構いません。ですが、この方法で仕事を請け負えるようになることは非常に難しいでしょう。

地元のローカル誌

経験が浅いうちは、実績を作るために地元の小さなローカル誌やイベント企画をしているところに作品を売り込み小さな仕事を受けて実績を積んでいくといいでしょう。

まとめ

さし絵ライターの仕事は、作品が広く認められるようになれば、非常に効率的にお金を稼ぐことができます。絵を書くことが好きで楽しみながら発信していくことできる人にお薦めの仕事です。
人気ライターになるには、依頼主の指示をしっかり確認し、内容に沿ったものを作成するチカラと礼節を持った対応が必要です。

参考サイト