ネイルチップの作り方と内職でのお仕事事情

ネイルチップ

ネイルチップとは、いわゆるツケ爪のことで、実爪に張るおしゃれを楽しむアクセサリーのことです。マニキュアよりもお手軽で、毎日のファッションに合わせてデザインや色を替えて楽しめるので、若い女性をはじめ、幅広い世代の方に人気があります。

ネイルチップ作りの内職は、ツケ爪を作成する仕事。

とても繊細な仕事で、ネイルチップに色を塗ったり、装飾を施すことによって、おしゃれなアクセサリーとして製品化します。

ネイルチップの仕事は、自宅で都合のいい時間に行うことができるので、空いた時間のお小遣い稼ぎとして、主婦やネイル作りが好きなオシャレな若い女性に人気の仕事です。

なお、ネイルチップ作りをはじめるにあたり、特別な資格の取得は必要ありません。

TBSがっちりアカデミー!!に登場

2011年5月27日TBSで放送の「がっちりアカデミー!!」で、横浜にお住まいの塙梓さん(30歳)がやっている内職が紹介されました。

塙梓さんは、昼は事務職で勤め、夜にネイルチップの内職・副業をしています。

気になるお仕事の流れは、無職のネイルチップに、発注者の指示通りに色やデザインを施して、特性のりでストーンを丁寧に貼ります。

そして、1箱/10個の箱に詰めて納品します。

塙梓さんは、1箱作るのに30分かかるそうで、1ヶ月の収入は、平日に平均4時間の作業で月1万円ほど稼ぐそうです。

1箱60円~80円に30分かかることを考えると、収入効率はかなり悪いですが、好きでやっていることがお金になればいいですよね。

ネイルチップ作成工程

下記にネイルチップを作る具体的な作業工程をまとめましたので参考にしてください。

  1. チップを選択する
  2. 形状と長さを整える
  3. チップスタンドに貼る
  4. ベース色を塗る
  5. 装飾(アート)を施す
  6. 仕上げにトップコートを塗る
  7. 箱詰めして完成

お仕事募集情報

ネイルチップをアメリカやフランスなどの海外で販売している「MiCHi」では、多くのネイルリストを募集しています。

報酬単価は1箱/10個の製作で400円~得られます。

なお、「MiCHi」では、作業に必要となる材料を用意してくれる上に、商品の受け渡しにかかる費用もすべて持ってもらえますよ。

ノルマはないが納品期限がありますので、請負う作業量には注意しましょう。無理して作業することは負担になりますし、もし、納品期限に間に合わなかったりしたら、クライアントの信頼を失い仕事を失うでしょう。

参考サイト

まとめ

ネイルチップの仕事は、他の内職と比較して収入効率はあまり高くありませんが、ネイル好きの女性にとっては、趣味の延長で楽しみながらできる貴重なお小遣い稼ぎの方法です。プチお小遣いとやりがいを得たい方はチャレンジしてみましょう。