ペット介護士の資格を取得して仕事に就く方法

ペット介護

ペット介護士とは、健康管理やしつけ、食事、トリミング・グルーミングなどの知識や技術を生かし、ペットのお世話や飼い主に介護のアドバイスをする仕事です。

ペットも人間と同じで、年をとれば介護が必要です。

そのため、正しい食事のとり方や、体調の変化に迅速に気付いてあげる術をペット介護士が提供していくことは非常に重要なのです。

また、現代は空前のペットブームです。

多くの家庭がペットを家族の一員として共に暮らしています。ですが、多くの方はペットの正しいケア技術を知りません。

ですので、高い知識と技術を持ったペット介護士という仕事が注目を集めています。

給与はどのくらい?

ペット介護士の活躍の場は多岐に渡ります。ですので、一概に給与水準をいうことはできませんが、ペットショップや動物病院勤務で15万円ぐらいの収入になるでしょう。

なお、経験を積んで顧客を多く持った状態で独立すれば、大きな収入を得ることもできるでしょうし、トリマ-、販売士などの資格も有していれば、仕事の幅も広がりリスクヘッジをしながらお金を稼ぐことができます。

資格に関して

ペット介護士の資格は、国家資格でなく、民間資格ですので、資格がなくてもペット介護の仕事は行うことができます。

ですが、ペット介護士の資格取得を通じて幅広い知識・技術を習得できるので、業界で仕事がしたいなら心強い武器になるでしょう。

ペット介護士の資格は、通信講座で学び取得することができます。ですので、仕事で学校に通うことが出来ない人でも資格を取得することができます。

なお、ペット業界への就業のために資格取得を目指す人だけでなく、自分の家族を守るために勉強をする方も多くいるようですよ。

参考サイト

まとめ

ペット業界では、資格より実績が必要です。実績を持たない未経験者ならば、ペット業界に就職するために資格は必要不可欠かもしれませんね。なお、私も猫を飼っているので就職は考えてませんが、知識や技術の習得には非常に興味があります。