FerretPLUSキーワードランキングでトレンドを考察

trend

今日はサイト分析で利用している人も多い「FerretPLUS」のキーワードランキングについて解説していきます。

キーワードランキングをチェックすると、検索ボリュームのあるキーワードを一覧でチェックできるので、新しいサイト作成の気づきになりますし、急上昇しているキーワードを掴めばトレンドサイト作成の大きな情報源になるかも?

FerretPLUSキーワードランキングを利用するには無料会員登録をする必要があります。

FerretPLUSキーワードランキング

フィレット

FerretPLUSにログインして上部タブ「キーワードチェック」→「キーワードランキング」からランキングを見れます。

1位~1000位と1000件単位で、1万位までのキーワードボリュームをチェックすることができます。

ぼーっと眺めているだけで、こんなキーワードが検索ボリュームあるんだという気づきを得ることができます。

ちなみに、上位に占めるキーワードはメジャーなWEBサービスや芸能人名、アダルト関連のキーワードが多いです。

ですので、トレンドサイト運営に生かすなら、1000位~で見た方がいいかもしれませんね。

FerretPLUSの検索ボリューム数値はキーワードプランナー等の他のツールと比較や私の運営サイトの実アクセス数での調査から明らかにおかしな数値なものもあります。ですので、実際にキーワードを利用する段階に入る時は他のツールでの確認もした方がいいです。

急上昇をチェックせよ!

急上昇

FerretPLUSキーワードランキングでは「総合」「急上昇」での、キーワードの抽出ができます。

で、ですね・・・
ここからが本題で、私が今回、FerretPLUSキーワードランキングを紹介したのは「急上昇」でのキーワードランキングをトレンドサイト作成の参考にしたらいいんじゃないかと思ったからです。

「でも、2ヵ月前のデータじゃ意味なくね」っと思う人も多いと思います。

確かにデータをリアルタイムで生かすなら他にもっといいツールがあります。

では、FerretPLUSキーワードランキングはどのように使うかっていうと、過去データのチェックに使用します。

つまり、1年前の11月にどんなキーワードが盛り上がったのかをチェックしたりすることで、トレンドを先取る記事を発信して、キーワードが爆発した時にガッツリとアクセスを集める行動をとるために利用します。

例えば、10月を過ぎると、そろそろ紅白出場者、流行語大賞とかが話題に、あとは明治神宮大会?とかも去年は話題だったり、「東日本実業団駅伝 2013」ってなキーワードも人気があったようだ。2013ってことは2014もあるってことだね!

このように、今年も使えるキーワードを選定するセンスも必要なんでキーワードマーケティング初心者や世間に疎い人?がすぐにおいしいキーワードを見つけられるってわけじゃないんですけど、ちょっとした気づきにはなると思います。

今日のまとめ

FerretPLUSキーワードランキングでの過去の検索ボリュームをチェックすることで、未来のキーワード需要を予測する。なお、例では昨年データをもとにすぐに仕掛けることを話しましたが、今年のデータを確認しておいて、来年に向けて仕掛けを作ってもいいでしょう。昨今のトレンドキーワードを使ったサイト急増を考えれば、来年を見越して動き出した方が成功確率が高いかもしれませんね。また、過去にヒットしたキーワードを見ていると、今起こっていることでヒットしそうな物事を捉える力が養われると思いますよ。