クラウドワークスで稼ぐコツ~危険性や評判

クラウドワークス(CrowdWorks)とは、株式会社クラウドワークスが提供するサービスで、お仕事登録総額167億円、登録者数19万人以上を誇る国内最大クラスのクラウドソーシングサイト。

クラウドワークスイメージ

TVや日本経済新聞でも大きく取り上げられ、岐阜県やヤフーとも提携している信頼できるオンラインのお仕事マッチングサイトです。

危険な内職商法とは異なり、前金などは必要なく、仕事を探す人(受注者)は完全無料で利用できます。

受注した仕事の報酬5~20%の利用料はかかりますが、実際の負担者は発注者ですので気にする必要はないでしょう。

稼いだお金は1000円から振込手続き可能で、振込手数料は500円(楽天銀行 なら手数料は100円)です。

振込方式を「キャリーオーバー方式」にしておき、ある程度の仕事をしてお金が貯まったら「1000円出金方式」「50000円出金方式」に変更し、一括で振り込んだ方が手数料がおさえられお得です。

クラウドワークスの使い方や稼ぎ方

豊富な稼ぎ方

システムの使いやすさ、発注者・受注者の量・質ともに評判が良く。

クラウドワークスのお仕事には、信頼できる官公庁や上場企業からの依頼も多く、お仕事件数も豊富であるとして利用者からの評判も非常に高いです。

お仕事の中には、数分で実践できるものも多いので、会社員の方や主婦の副業としても人気を集めています。

仕事内容は、プロ向けのWEBサイト制作やアプリ開発、Webデザイン、プログラミングの仕事はもちろん、スキル・経験不問の初心者でも実践して稼ぐことができる記事作成やデータ入力などの仕事も豊富にあります。

受注者は時間や場所に制限されず、自分のスケジュールに合わせて仕事を請負い、報酬を獲得できます。

仕事の探し方

「プロ向け」「経験不問」「コンペ」「タスク」から仕事を探すことができます。

「プロ向け」や「コンペ」

WEBデザインやプログラミング、DTP系スキルをお持ちなら「プロ向け」「コンペ」から、WEBサイト制作やアプリ開発、Webデザイン、プログラミング等のお仕事をしていくといいでしょう。

「経験不問」や「タスク」

PCの特別なスキルがないならば「経験不問」「タスク」から、お仕事を探していくといいでしょう。

お仕事は、簡単な記事作成やデータ入力、アンケート等が多いので、誰でも挑戦して稼ぐことができるはずです。

タスクのお仕事に関して

タスク形式は、発注者が一つの仕事を多くの人に実践してもらいたい契約形式。

ですので、細かい詳細は案件により異なりますが、誰でも実践しやすい簡単なお仕事内容のものが多いです。

例えば、「ある商品・サービスの感想」「短いブログ記事執筆」「アンケート」などがあります。

単価は数十円〜500円程度までの案件が多いので、ひとつの仕事で大きく稼ぐことはできませんが、数分で実践できるものがほとんどです。

ですので、わずかな時間を使い気楽に副収入を得ることができるので、主婦が家事の合間に利用したり、会社員が副業として利用しています。

仕事受注のステップ

3ステップで受注

クラウドワークスでは上記のような3ステップでお仕事を受注できます。

少し「契約する」の部分を細かく解説しますと、次のようなステップで契約は行われていきます。

「応募・スカウト」→「条件交渉」→「条件合意」→「契約」という流れで仕事は請負っていきます。

ただし「タスク」の仕事は、条件交渉は必要なく、すぐに仕事をはじめて稼ぐことができます。

なお、クラウドワークスでは、報酬保証の仕組みがあるので、クライアントとの金銭的なトラブルを防ぎ安全にお仕事を請け負うことができます(仮払い方式)。

初心者に嬉しいサービス

クラウドワークス

クラウドワークスでは、タスク形式など、簡単に実践して稼ぐことができる仕事が豊富にあり、誰でも気軽に副収入を得ることができます。

しかし、簡単なお仕事といっても、基本的なルールはあり、滅茶苦茶な仕事をすれば非承認となり報酬を貰えません。

ちなみに、私も発注者として仕事をクラウドワークスで依頼することがありますが、100人に1・2人ぐらいは提示ルールを無視したり、滅茶苦茶な仕事をする人がいるので非承認にしています。

基本的には依頼者の条件に沿った仕事をすれば全く問題ないのですが、自信のない方は、クラウドワークスとサンケイリビング新聞社が、自宅でライティング知識の基礎を学ぶことができるサービスを用意してくれているので、実践前に活用して基礎知識を養ってもいいでしょう。

実践タイプのカリキュラムですので、受講をおえればお仕事を安心して受けられるだけの力が身につくと思いますよ。

なお、本講座を受講して、途中おこなわれるチョックテストを受けるごとに、ライティングスキル証明が得られますので、クラウドワークスでの仕事を受けやすくなるでしょう。

クラウドワークスの基本データ

運営会社株式会社クラウドワークス
スマホサイトあり
最低換金額1000円
振込手数料楽天銀行:100円※外税(月末締め翌月15日)
その他銀行:500円※外税(月末締め翌月15日)
年齢制限
満18歳以上(未成年の方は別途保護者の方の同意が必要)

クラウドワークス公式サイト

今日のまとめ

クラウドワークスの仕事案件数は国内トップクラスです。きっとやりたい・できる仕事が見つかるでしょう。登録、仕事受注にお金はかからないし、危険性は全くなく(無知による危険はどんなサービスにもある)、利用者の評判も非常に高いのでお薦めできます。各言う私も、クライアント(発注者)として、クラウドワークスを多用していますので、受注者・発注者の両側面から見て、非常に優れたクラウドソーシングサービスであると実感しています。ですので、新しい働き方であるクラウドソーシングをはじめるならば、まずはクラウドワークスに登録してはじめるのがいいでしょう。はじめたばかりで、自信がなければ、用意されている講座やタスク形式の簡単な案件からはじめていき、経験を積み余裕が出てきたら、より報酬の高い案件に楽しみながら挑戦していけばいいのではないかと思います。最後に、先日、私の大好きなテレビ東京のWBS(11月5日放送)で、安心・安全な話題の働き方としてクラウドワークスが紹介されていましたね。どうやらクラウドソーシングで働く人の保険をつくろうと考えているようです。