経費削減!知っておきたいオンライン決済サービスの御三家

あなたのBtoB、BtoC、CtoC取引をお得にする日本の決済システムを劇的に変えようとしているオンライン決済サービスがあります。

決済取引にかかるトランザクションフィーや固定費用にお悩みでしたら、衝撃を受けるようなサービスです。

オンライン決済サービス御三家

それでは、今までのトランザクションフィーや固定費用は一体なんだったの?と感じてしまうようなオンライン決済サービスを紹介していきます。

SPIKE

SPIKE

SPIKEは、株式会社メタップスが提供する決済手数料0円、最短1分ではじめることができるオンライン決済サービスです。

利用プランは、「フリープラン、ビジネスプレミアム」の2つあり、フリープランは初期費用、月額費用はもちろん、月間100万円までの決済取引手数料(トランザクションフィー)も無料です。

月間100万円の超過分に関しては4.0%+30円の手数料

ビジネスプレミアムは、月額3000円で1000万円まで決済取引手数料を無料で利用できます。

月間1,000万円の超過分に関しては2.5%+30円の手数料

VeriTrans Air

VeriTrans Air

VeriTrans Airは、ベリトランス株式会社が提供する決済手数料3.2%で、コンビニ決済にも対応したオンライン決済サービスです。

売上代金を業界最速の3営業日で入金可能です。

WebPay

WebPay

WebPayは、ウェブペイ株式会社が提供する決済手数料3.25%~3.40%のオンライン決済サービスです。

月額9,800円のプロプランではVisa, MasterCardでの決済手数料2.69%。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今までの決済手数料って何だったの?と感じた人も多いのではないでしょうか。

SPIKE、VeriTrans Air、WebPay、適するサービスは状況により異なるので、実際に利用して確かめ、無駄な経費を削減してはどうでしょう。

ちなみに、私は簡単に導入でき使い勝手がよいSPIKEを利用していますよ。