WordPressプラグインとは?

WordPressプラグインとは、WordPressの機能を拡張する便利ツールのことです。

WordPressでは、プラグインを使うことで、Webサイトでやりたいことを簡単に実現することができます。

例えば、アンケート機能やお問い合わせ機能、カート機能を備えたWebサイトを簡単に作成することができます。

WordPress.orgでダウンロードできるプラグインの数は、2014年12月現在で34,000以上にものぼり、今では、プラグインを使えば、WordPressでできないことはないとまでいわれています。

なんで後から機能を拡張するのか?

WordPressは初期状態では非常にシンプルに構成されているCMSです。

CMSによっては、様々な機能がフルパッケージになっているものもありますが、WordPressでは、サイト運営者が好みの機能を選択・追加するのが理想的という考え方から、初期では柔軟性を保つため非常にスリムなしくみとなっています。

パソコンを例にすると、Officeはもちろん、様々な機能が導入されたものではなく、使いたいものだけを選択できるDELLのカスタマイズ型パソコンのようなものであるとWordPressはいえます。

Webサイトで必要となるデザインや機能はサイトによって異なります。

ですので、WordPressでは、プラグインで必要最低限の機能を追加し、理想的なサイト運営を実現できるしくみとなっているのです。

プラグイン利用の注意事項

プラグインを不用意にたくさん利用するとサーバー負荷が大きくなるし、サイトパフォーマンスを下げてしまうことがあります。

ですから、利用する前にこれだけは最初に覚えておくといいでしょう。

必要なものを必要なだけ利用する!

WordPressは、サイトに必要な機能だけをプラグインで拡張してもらうためにシンプルなしくみとなっているのに、プラグインを摂取し過ぎて、メタボなサイトになってしまっては本末転倒です。