WordPressの更新は最低限のセキュリティ対策

WordPressでサイト運営するならば、最低限おさえておきたいセキュリティ対策があります。

WordPress本体、テーマ、プラグインのアップデートをすることです。

WordPressは、新機能の追加やバグ修正の目的だけでなく、セキュリティ向上を目的としてバージョンアップを行います。

ですので、利用者はバージョンアップの通知を確認したら、アップグレードすることで、最低限のセキュリティ対策をすることができます。

更新通知の確認方法

WordPressの更新

更新プログラムがある場合は、サイドメニューの「更新」や「プラグイン」に、更新すべきものの数が表示されます。

確認したら、指示に従って「更新」や「再インストール」を行いましょう。

プラグイン更新通知

複数サイトを運用していると、面倒なためアップグレードを怠りがちですが、最も手軽で、効果的なセキュリティ対策の1つですので必ず実践した方がいいです。

更新(アップグレード)時の注意事項

アップグレードを行うと、稀にプラグインが動作しなくなったり、誤作動をおこして管理画面が開かなくなることがあります。

WordPress本体やテーマのアップグレードは、プラグインを停止してから行うことを推奨します。

ですので、WordPress本体、テーマ、プラグインのアップグレードを行う際は、FTPやphpMyAdmin、プラグイン(BackWpup等)を利用してデータのバックアップをとっておきましょう。