WordPressカスタムフィールドの使い方まとめ

wordpresscustomfield

今日は、デフォルトでは「タイトル」と「本文」からなるブログシステムであるWordPressに、より多くの入力項目を付加してWordPressをCMS化することもできる機能カスタムフィールドについて解説します。

「カスタムフィールドって何?」という人でも、この記事で案内する参考サイトやツールを順を追って学んでいけば、きっとすぐにカスタムフィールドを使いこなせると思います。

それでは、まずはカスタムフィールドに関してまとめてくれている下記のスライドレポート「カスタムなんとかをちゃんと理解する」をご覧になってください。

もう少しカスタムフィールドの基本と、できることを理解したい方は、次の参考サイトも合わせて確認してください。

参考サイト

カスタムフィールドプラグイン

続いて、カスタムフィールドの基本的な使い方を理解したら、カスタムフィールドを扱いやすくしてくれる便利なプラグインを活用して実践していきましょう。

以下の2つカスタムフィールドプラグインが有名です。目的のために使いやすい方を利用しましょう。※私は「Advanced Custom Fields 」を利用しています。

Custom field Template

Custom field Templateは、日本人作のWordPressのカスタムフィールドの拡張性を上げて、使いやすくしてくれるプラグイン。

参考サイト

Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fieldsは、私的にはCustom field TemplateよりもUIが良く、使いやすいと思うのでお薦めです。テキスト、セレクトボックス、チェックボックス、Google Mapなど豊富なフィールドタイプを利用可能です。

参考サイト

最後に、更にカスタムフィールドに関する発展的な知識と使い方は、WordPress中級者以上向けの以下の本を読むと得ることができますよ。

PHPによるWordPressカスタマイズブック―3.x対応

新品価格
¥3,024から
(2014/10/16 13:09時点)

今日のまとめ

カスタムフィールドを使いこなせると、WordPressを使ってより多様なサイト運営ができるようになります。たとえば、ASPやDSP、各種WEBサービスが提供するCSVデータやAPIをカスタムフィールドを活用して組込むことで、より魅力的なサイトを効率的に作成することができます。ですので、アフィリエイトやドロップシッピング活動をより効率化したり、より多くのサイト運営スタイルを身につけ稼ぎを加速させたい方は、時間のある時にじっくりと学んでおくといいでしょう。