ふるさと納税の特産品はコレがお得!やり方は超簡単ですよ

ふるさとっぽい画像

ふるさと納税をはじめてやってみたので、どのように手続きをやったのかや、どこの特産品を選び、お得を感じたかを書きます。

結論からいうと、ふるさと納税はめちゃくちゃお得!絶対にやらないと損だし、何より、何の感謝もされない地元自治体に納税するのは本当にもったいない。

正直、私の生活は全く自治体にお世話になってないから、このふるさと納税はお金が生きてる感じがして気持ちがいい。

プリントだけど感謝状が入っているので、納税してよかったと思えるし、その自治体に愛着も持てる(今度いこうと思える)。

ふるさと納税は本当にいい制度ですね。

・・・では、ウダウダしてきたので、そろそろどこに寄付してどんな特産品を貰ったのか書いていきますね。

昨日追加で4つ・それと今日これから頼むので、当然まだ来てないので全部じゃないんですが、すごい満足した特産品・返礼品ばかりでしたので、これからふるさと納税をする人は参考にしてみてください。

ちなみに、私がふるさと納税に利用したのは、ふるさとチョイスです。楽天ふるさと納税もポイントが貰えてお得なんですけど、おそらく、取扱い自治体数はふるさとチョイスが最強かと思います。

群馬県高崎市のハーゲンダッツ

ハーゲンダッツ

群馬県高崎市への寄付で貰えるハーゲンダッツセットです。ご覧の通り、めっちゃいっぱいハーゲンダッツが入ってます。これだけで、自腹寄付金額の2000円のもとは余裕でとってますよね。

お礼状

お礼状もしっかりしていてテンションあがります。

金のスプーン

こちらの金のスプーンがセットで貰えます!!

アイスよりもこっちが嬉しい!早速、この金のスプーンで大好きなグリーンティーをいただきました。

そして、昨日また追加で頼んじゃいました。ハーゲンダッツは何個あっても困りませんからね。

宮城県名取市のエビスビール

エビスビール

ふるさと納税で特産品を見ていると、欲しいものはいっぱいあるのですが、なかなか納期が遅いとかめんどいものも多く・・・どれを頼もうか困ったりします。

そんな時に、名取市のエビスビールが役立ちます。ビールなら、とりあえずストックしておけますし、時期によるかもしれませんが、ビールはすぐきました。

なお、昨日追加で、名取市ではなく、静岡県焼津市でもエビスビールの返礼品をしていたので追加発注してしまいました(2ケースだったかな)。これで、年末年始も安心です。

ふるさと納税があればビールには困りませんね(笑)。

御礼品

ガッツリ来ました。おつまみを買ってこなくては!

静岡県湖西市のうなぎ

うなぎ

昔、家族で浜名湖にいって、夜、ボートに乗り船酔いしたことを思い出します。。

ということで、名物のうなぎの思い出を作れなかったので、ふるさと納税で頼んでみました。

ウナギ3尾

うなぎ3尾(たしかそうだった)届きました。

このうなぎドでかいです。丼ぶりからウナギがはみ出します。味ももちろん抜群に美味しいです。そごうでよくウナギを買うのですが、そごうに入っているウナギ2店舗のどちらよりも旨かった(そごう頑張れ!)。

うなぎ好きなら、是非、一度ご賞味あれ!

宮崎県児湯郡都農町のハムとソーセージ

尾鈴豚

私はうなぎも好きですが、ハムやソーセージ、ウインナーも大好物。

このセットかなりコスパいいと思います。その辺で食べたらおそらくこれで5千~1万円ぐらいする。それが、納税してますが、無料なんだからお得ですよね。

味は美味しいです。でも、当分、もうソーセージいらない状態になります。

佐賀県上峰町のステーキとすき焼き用?肉

和牛

ふるさと納税といえば肉!ということで、私が手配した時期に人気だった佐賀牛を頼んでみました。到着まで2ヵ月ぐらいかかりました。

ステーキ

うまそうなステーキです。まだ食べてません(今日届いたので)。昨日、山形のステーキも頼んだので食べ比べてみます。

すき焼き肉

すき焼き用の肉です。めちゃはいってます。さっき、すき焼きで食べました。美味しかったです。

ですが!この量を2人で食べたので、胃が持たれまくりました(今)。

鍋の中が肉だれけ!食っても食ってもなくならない!

旨いけど、ご覧の通り脂がのっているのでそんなに食えるもんじゃありません。賞味期限は冷蔵5日って書いてました。

神奈川県小田原市の万葉の湯セット

万葉の湯

最後は、小田原にある万葉の湯の入館券、お食事券、部屋利用権セットです。

ここにはたまに行くので、ふるさとチョイスで見つけて、「へ~こういうのもふるさと納税で頼めるんだ」と発見し、即頼みました。みなとみらいの万葉倶楽部もあればいいんですけどね(横浜市はケチなのかな?)。

ふるさと納税は、いろいろ見てみると、旅行券や宿泊券、食事券などとりあえずいただいとこうというものが結構あります。

ですから、食い物はいらないって人でも、是非、活用した方がいいです。

なお、ふるさとチョイスで探す時は、サイドバーで絞り込んでいけば、ピンポイントで好みの特産品(返礼品)をさがすことができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

これらがたったの実費2000円で貰えるんだから利用しない手はないですよね。私ももっと早くしっていたら、もっと前からやっていたと思います。

早く納税額の全額を寄付できるようになって欲しいですよね(まあそんな日はこないかな)。そうすれば、ふるさと納税でもっといろんなことができちゃいますね。

地元の自治体に納税をしても、「なんもくれない!」。本当に、馬鹿らしい!

たくさん納税したってサービスは変わりはしません。だったら、感謝してくれて、サービス(特産品)を返してくれるところにどんどん寄付しましょう。

今年も残すところわずかですが、クレジットカード決済ならば、多くの自治体でまだ申込みができます。私もまだ寄付余力があるので駆け込みでこれからもう何件かお願いしようと思います(寝るの3時かな・・・)。

この記事を読んで、まだふるさと納税をしていない人は、速攻で今年の所得を調べあげて、寄附金控除シミュレーションをして、いくらまでふるさと納税ができるか調べて寄付をしましょう。こっちの方がいいかも→計算シミュレーション

シュミレーションしてみると、結構な金額を寄付できるので驚きますよ。諸条件にもよりますが、500万で7~8万ぐらい、1000万で20万ぐらい、2000万で60万ぐらいできます。

なお、注意点として、シュミレーションはあくまで目安で(プロは例外)。各種控除(小規模企業や保険、配偶者の有無等)などの兼ね合いで限度額がぶれ、寄付が控除をオーバーしては元も子もありません。

また、会社経営している人は、ふるさと納税はあくまで所得税と住民税にかかわってくるものですから、会社から代表(自分)へ払った給与に対してのものが適用となります。法人に残したものには適用外ないので注意しましょう。私もこの点で、来年は個人にもっと残すか会社に残すかふるさと納税も踏まえ税理士さんと相談して、もっと上手にお得な納税をしようと考えています。

では、どうせ納税するならば、ふるさと納税でお得に特産品をいっぱいもらっちゃいましょう。まとめてクレカ払いができず、各自治体ごとに決済の手続きをするのがめんどいですが、知った方は絶対にやった方がいいですよ。