大暴落で大損失!仮想通貨は甘くない?投資方法を改めます

大暴落で損失を出した男

前に姉妹サイトの記事(仮想通貨の始め方)で、「投資金額が7倍以上の210万円を超えました~」なんて書きましたが…。

なんていうことでしょう。大暴落で大損失をしちゃいまいた。

まずはその大暴落で損失(バブルですが)したことを書きます。

私は、リップル7510枚を握りしめ(ガチホ)、正月に実家から帰省して、「おっ増えとる、増えとる」とにやけておりました。

リップルはMAX「1XRP/400円」までいったので、計算上3004000円まで資産が膨らんだのであります(バブル)。
ここで利確していればバブルではありませんでしたが…。

その後、リップルは急速に下落。それでも、チャートも見ずに、「ガチホ♪ガチホ♪リップル1万♪ちょっと落ちてもどうせすぐ戻ってまずは500を目指す!」などと勝手な妄想をしておりました。

しかしその後、リップルは返ってくることはなく…私のバブルは弾けました!!

完全に甘かったです。
反省しなければならない愚をおかしました。

というわけで、愚を冒した戒めとして、100万抜いて、残った確か30万円ほど(寂しくなりました)で、ガチホではなくデイトレを始めました(ビットバンク利用)。

現在の成績は44万4197円(2018年2月5日)となります。

ガチホ精神をなくしたので、暴落時でもチョイチョイは掴めるのですが、なかなかしんどい作業となっています。

主に取引しているのはリップル(XRP)です。

ビットコインの方が警戒すべき情報や見るべき情報が少なくやりやすいのですが、リップルの方が%でみて大きく動くので利幅を伸ばしやすいです。

とまあ偉そうに言ってますが…

ガチホでバブル溶かしたし、まだ始めたばかりで大きな成果も出ていませんが、別の機会に私の投資方法なども書いてみたいと思います。

また、引き続き成果報告もしていきたいと思います。どこまで増えることやら…減る(なくなる)かもしれませんけどね。

大暴落を経験してガチホを辞めた理由

ガチホを辞めたのは、今更ながら、仮想通貨市場において日をまたぎポジションを保持することのリスクを知ったためです。

仮想通貨市場は、他の市場(株やFXなど)とは比べ物にならぬ程の価格変動が起こります。その勢いときたら、まるでジェットコースター(完全に操作されとるね)。

そのため、「よし!トレンドに乗った。こっから数日はあがる」と考え、ポジションを持ったまま放置しようものなら、次見た時は資産が半分以下になっているかもしれません。

韓国⇒コインチェック⇒テザー⇒インド(これは関係ないかな?)

と暴落する理由は次々とやってきます。

デイトレで常にチャートを見れる状況にしておれば、急変動が起こっても最小限の損失で処理できますが、ガチホ放置では大やけどします。

「いつか戻ってくるさ~~」で、本当に何カ月後か何年後かに戻ってくるかもしれませんが、その保証はありません。

それに、個々人の状況(資産や時間など)にもよりますが、ガチホして資産を回さないという機会損失もあります。

というわけで、私の場合、暴落や多くの仮想通貨市場におけるリスクの回避(完全には回避できませんが…)には、デイトレが良いと判断しました。

仮想通貨は甘くない? 

コインチェックの件もあり、2017年上がり組以外は、もはや誰も仮想通貨市場が甘いとは思っていないとは思います。

私はたまたまアルトバブルから乗っかれたので良かったですが、今年(2018年)からはじめた人たちは、開始日によっては最高値掴みからの暴落に次ぐ暴落(コインチェック利用なら強制ガチホ)と、散々な目にあった(あっている)ことでしょう。

また、いつか「寝て起きたら資産が倍~~~」なんて日が来るかもしれませんが、一生、来ないかもしれません。

最後に、前の記事では、法人名義でバリバリ2018年はやる予定なんて言いましたが、税理士と相談したところ、

  1. 私の場合は仮想通貨を事業としにくい(グレー)
  2. 事業所得にならないなら損失通算できない
  3. 税理士への報告書類の提出が面倒(たぶん向こうも面倒)

のため辞めることとしました。引き続き個人として行っていきます。

ちなみに、利益から原資(入金額)を引くだけなんで、個人の確定申告は大変じゃないそうですよ(ビットコインでお買い物をする人とかは知りません)。また、額にもよりますが、一応、取引履歴はダウンロードして保管しておいた方がいいですよ。