2018年の仮想通貨はガチホは辞めとけ!基本はデイトレ

ガチホのイメージ ハンドグリップを握る女性

今回は、仮想通貨チャットでよく目にする「ガチホ」という言葉に焦点をあてて、お話しさせていただきます。

ガチホとは、「ガチ・ホールド」の略。短期ではなく長期に渡ってポジションを持ち続ける意味合いがあります。 

2017年の仮想通貨市場において、多くの仮想通貨(コイン)が爆上がりをして、「1年で資産が何十倍~何百倍になった!」なんて人たちが現れました。

そのため、仮想通貨取引では、「ガチホ最強」なんて考えが根付きました。

しかし、2018年になり状況が変わってきました…

結論から申し上げますと、2018年から仮想通貨取引を始める人に、ガチホは推奨しません。

その理由をあくまで私個人の主観ですが、お話しさせていただきます。

取引はご自身の判断で行いましょう。

2018年はガチホNG!

2017年は、年初頭に購入して年末に売却していれば、コインによっては資産が数百倍になったものもありました。

しかし、これはあくまでタラレバ。2018年と謳っていますが、個人的には2017年においてもガチホではなくデイトレが良かったと考えます。

なぜなら、2017年も1年で見れば上昇し続けたように見えますが、その間も暴騰・暴落はあったし、上昇・下降のトレンドがあったからです。

つまり、下落(暴落)して落ちた底で仕込み、上昇(暴騰)した天井で売ることを繰り返すのが理想です。

上記を前提とすると、今までの仮想通貨市場では、長くても数週間以内には売却タイミングがきています。

でも、一度の下降・上昇トレンドにおいて、底と天井を見極めるのは難しい。

そこで、もう少し売買のスパンを数秒~数時間程に短くすれば、価格変動によるリスクだけでなく、仮想通貨取引における多くのリスクを減らせます。

※リスクや売買手法は、また時間のある時に細かく書きます(予定)。

とはいっても、日々、精神を削って売買を繰り返すのは大変!

さらに、苦労して売買を繰り返しても、必ずその日の最大利益をとれるわけでもないし、負ける可能性もあります。

2018年も終わってみれば、年初頭に仕込んで年末に売った方が儲けが大きくなる可能性もあるのです。

苦労が報われないかも…

だったら、やっぱり「ガチホ最強」なんてことになるかもしれませんね。

現物ガチホが最強って聞いてたけど本当?

さて、話がいったり来たりでグチャグチャですが、この記事のように仮想通貨市場は暴れまくります。

誰も未来を見通すことはできません(ならいいな)!

仮想通貨市場および特定のコインに対して将来性を感じ、購入額よりも必ず高くなるだろうという値上がり期待(根拠)を持ち、ガチホしている人もいるでしょう。

私も初期は、リップルをガチホ(ガチ・ホウチ(放置))していました。

しかし、度重なる仮想通貨におけるマイナスニュースを理由とする暴落に、私の根拠の浅さを痛感しました(大暴落で大損失!仮想通貨は甘くない?投資方法を改めます)。

そのため、もっと近い未来を予測して取引をすることにしました。

私の予測は長期に及ばないが短期には及ぶと考え、努力で勝てる可能性を増やせる方法を選択した結果がデイトレです。

つまり、私にとってガチホとは未来が全く見えない・予測できない以上は神頼みであるという結論に至りました。

現物かFXか問題について

少しガチホの話からはそれますが、仮想通貨取引では、FXよりも現物取引を推奨します。

理由は、仮想通貨FXには次にあげる2つのリスクがあるためです。

  1. 法定通貨よりも仮想通貨はボラティリティが激しい
  2. サービス事業者の提供サービスやシステムに対する不安

第1のリスクは、仮想通貨は信じられないような急騰・急落があり、法定通貨よりも大損失を被る可能性が高いということです。

ドル/円が1ドル=107円だったのが、次の日に1ドル=90円になるとかは通常は考えられません。

しかし、仮想通貨ではどのコインにおいても、たった数分~数時間でそのぐらいの急落が起こりえます。

さらに、急落(急騰)時に第2のリスクも絡んできます。

もし急落時に利用している取引所のサーバーがダウンしたり、注文不具合などがあったとしたら…

一瞬でコツコツ増やしてきた資産が溶けてしまうだけでなく、追加証拠金を請求されるかもしれません(追証なしの事業者も有)。

今後、サービス事業者や市場に変化があれば変わるかもしれませんが、このようなリスクを考え、検討の末に私は現物取引を選択しています。

もちろん、現物取引でも損失が出ることはあります。しかし、資産が0になったり、ましてや負債を負うなんてことはありませんよ(ハッキングなどは除く)。

どうしても仮想通貨FXをやりたいなら

どうしても仮想通貨でFXをやりたいなら、

  1. 「追証なし」であること。
  2. 低レバレッジでポジションを持つこと。
  3. サービスやサーバーが安定していること。
  4. 絶対にポジションを持っている時は相場から目を離さない。

という4つの条件(ルール)を課した方がいいですよ(4は現物取引も同じ)。

私も現在では、仮想通貨を日本円に戻さずに眠ること、ポジションを持っている時は取引画面から目を離すことがないようにしています。

つまり、1日以上ポジションを持つこと、ガチホを辞めました。

恒例の現在までのデイトレ成績

2018年1月18日頃から約30万円ではじめたデイトレですが、ようやく資産が60万円(605266円)を超えることができました(2018年2月25日)。

資産60万円達成の画像

正直なところ、想像以上に大変でした。

楽しんで実践していますが、取引後の疲労感が半端ないです。

そこで、頑張った自分へのご褒美に、稼いだ30万円を出金しちゃいました。

資産60万円達成の画像

本当は年末までは、もう引き出す予定はなかったのですが、2倍にするのに本当に苦労したので、抜いたお金で旅行を楽しみたいと思います。

ちなみに私は、bitbankを利用しているのですが、日本円の出金には1~2営業日かかります。

さて、また30万円(304532円)からの再出発となりますが、少しコツも掴んできたような気もしますので、今度こそはご褒美抜きで、年末まで夢の大台を目指し頑張りたいと思います。