クロスワード作成で稼ぐ|パズル作家になる方法

クロスワードパズル

パズル作家とは、ペンと紙さえあればできる「クロスワード」「ナンプレ」「間違い探し」「漢字パズル」を作成して稼ぐ主婦に人気の仕事です。

中でもクロスワードは、パズル専門誌だけによらず需要が多いので、パズル作家の多くはクロスワード作成の仕事をして稼いでいます。

ですので、パズル作家=クロスワード作成と考えていいでしょう。

クロスワードパズルは、パズルの難易度により2000円~1万円の報酬が貰えます。慣れている人なら1時間程で作れるので、非常に収入効率の高い仕事といえるでしょう。

活躍する作家の中心は20~30代の主婦で、中には、月収10万円以上を稼ぐ人もいます。趣味をお金に換えたい方は挑戦してみるといいでしょう。

テレビでも主婦の副業として大注目

テレビ東京 仰天クイズ!珍ルールSHOW

2011年9月20日テレビ東京で放送の「仰天クイズ!珍ルールSHOW」で、クロスワードで稼ぐ主婦の佐々木さんが取材されました。

パズル作家歴3年の佐々木さんは、家事の合間の1日1時間を利用して、3ヶ月で11万5000円稼いでいました。作成したパズルの難易度や面白さによって、3000円~15000円の報酬を貰えるそうです。

TBSがっちりアカデミー!!

2011年5月27日TBSで放送の「がっちりアカデミー!!」で、クロスワードパズル作りで稼ぐ主婦の笹渡さん(41歳)が取材されました。

笹渡さん曰く、3×3マスのクロスワードので1000円、6×6マスで3000円程の報酬が貰えるそうです。笹渡さんは月に7・8問を作成して月収2万円ほど稼いでいるそうです。

そして、番組では続いて、笹渡さんがすごいと評する、この道ですごく稼いでいる寺崎さん(37歳)の取材をしました。

なんとびっくり!

寺崎さんは、クロスワード作りだけで月収100万~150万稼いでいました。

解くのが難しい15×15マスのものを1問作成して、10万円の報酬を得ることもあるというのです。

番組で6×6マスのクロスワード作成を依頼したところ、わずか3分で作成してました。

天才ですね。

どんなジャンルにも天才はいるものなんですね。150万円のチカラ半端ないですね。

仕事募集と収入事情

パズル作家としてお仕事を得るには、パズル専門誌などに応募し採用されなければなりません。優秀作品として、読者投稿で採用されると5000円以上の報酬が貰えます。そして、何度も採用されると編集者から直接お仕事の依頼がくることがあります。

プロとして認められ、実力をつけていけば、パズル作家として1カ月で10万円以上はもちろん、100万円以上稼ぐのも夢ではありません。

パズル専門誌では、パズル作家の直接的な求人募集はしていませんので、直ぐに仕事をしたいなら、ネットでパズル専門会社の求人情報などを確認して、アルバイトとして就業するしかありません。

まとめ

パズル作家の仕事は、主婦のお小遣い稼ぎとはいえない程の高収入が稼げることもあるので、パズル好きの方には非常に魅力的でしょう。もちろん、作品が採用されなければ、一円にもならないという厳しい側面もありますが、好きなことでお金を稼ぐチャンスがあるというだけでラッキーですよね。

参考サイト